施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のカーディーラー(自動車販売店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトカーディーラー(自動車販売店)リサーチ

カーディーラー情報

電気自動車



現在流通している自動車のほとんどはガソリンを燃料として、その燃焼を主なエネルギー源としており、エンジンへの点火や電装部品などの補助的なエネルギーとして電気を使用しています。一方で電気自動車とは、ガソリンを一切必要とせず、電気の力だけで自動車を動かすというエコカーです。近年ガソリンをはじめとした化石燃料の枯渇が危険視され、特に研究・開発が進められているジャンルのひとつです。

電気自動車の種類

電気自動車は大きく2種類に分類されます。

ひとつは、架線などが設置された定まったルートを走行する目的で、安定した外部からの電力供給を受けつつ走行できるもの。トロリーバスなどの公共交通機関がこれにあたります。

もうひとつは、搭載した大型バッテリーの電力を使い走行するもの。従来のガソリン自動車と同様の使い方ができることから、一般的にエコカーとしての電気自動車はこちらを指します。走行しながら充電できる機能が盛り込まれている電気自動車がほとんどですが十分とは言えないため、ガソリン自動車の給油と同様に、一定の頻度で停車して集中的に充電する必要があります。

電気自動車の長所と課題

エコカーとして大いに期待され、研究・開発が進む電気自動車ですが、従来のガソリン自動車など内燃機関(内部で燃料を燃やす)による自動車とは大きく異なります。

電気自動車最大の長所はエコ

有限である化石燃料を使用せず、有害な排気ガスを放出しない点が最大の長所です。火力発電所の燃料で化石燃料は使用されていますが、専用施設での燃焼は自動車単体で燃料を燃やすよりも効率が良く、結果的にクリーンに自動車を動かすことができます。内燃機関特有のアイドリング(最低限の回転数でエンジンを回している待機状態)も必要が無く、交差点や渋滞などでの停車時もクリーンに過ごすことができます。

電気自動車は自動車の価格を抑える!?

また、電気によるモーター駆動は安定性が高く、調整が大変な内燃機関よりも構造をシンプルにできるため、今までの自動車よりも部品点数を少なく自動車が作れるとされています。現在は肝心のバッテリーが高価ですが、バッテリー以外の部品のみで計算すると、自動車は現在よりも安くなると言われています。

電気自動車の電気を緊急時に家庭で使用

現在開発されている電気自動車のほとんどが、一般家庭の100V電源で充電が可能になるよう設計されています。わざわざ専用のステーションなどに足を運ぶ必要がない点も大きな長所です。また、現在のバッテリーに充電できる容量は、一般家庭におけるおよそ2日分の電力を蓄電できると言われています。そのため自動車に貯めておいた電力を、緊急時の補助電源として家庭で使用できる可能性にも注目されています。

バッテリーという短所

電気自動車の開発分野で大きな課題となっているのがバッテリーです。現在のバッテリーでは貯めておける電力に限界があり、現在主流である内燃機関の自動車と同等の走行可能距離を電気自動車にも持たせようとすると、バッテリーの重量が大きく重くなり、価格と重量が大きくなりすぎてしまいます。これは、特に積載量が重要な要素であるトラックなど、大型車での課題が顕著です。また、一般的な乗用車用途に限っても、やはりバッテリー価格の高さは課題となっています。

電力供給にかかる時間

家庭にある100V電源でも充電できる電気自動車ですが、充電にかかる時間も課題として挙げられます。例えば、ガソリン自動車の給油は数分で完了するのに対し、電気自動車のフル充電は10数時間を要します。自動車を頻繁かつ長距離で使用したいというニーズにおいては、これも課題のひとつだと言えます。

静かすぎる短所

自動車の内部で燃料を燃やしているガソリン自動車と比べ、電気自動車はクリーンで静かなエコカーです。これは、環境の面では大きなメリットですが、自動車の走行音が静かであるということは安全性の面では課題になる部分もあります。つまり、自動車の存在を歩行者に知らせる手段が、ひとつ弱くなるということ。静かに走行する電気自動車が広く普及し、一般的なものとして認知されるまでの過渡期には、運転手にも相応の配慮が必要となります。