施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のカーディーラー(自動車販売店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトカーディーラー(自動車販売店)リサーチ

カーディーラー情報

日本の主な自動車メーカー
「レクサス」



トヨタ自動車の高級車ブランドであるレクサスは、全国に172の販売店(2013年(平成25年)7月初旬現在、中古車専売店含む)があります。トヨタ自動車がメーカーとして生産する自動車ブランドですが、レクサスの販売店でしか新車を購入することはできず、またレクサス販売店でトヨタ車を購入することもできません。目印となるエンブレムはブランド名の頭文字であるLをデザインしたもので、当初はゴールドを基調とした配色がなされていましたが、プラチナ風の色調に順次移行しています。

レクサスの成り立ち

レクサスの成り立ち

世界でレクサスが誕生したのは、1989年(平成元年)のアメリカでした。他の自動車メーカーが持つブランドよりも比較的新しくできたと言えます。

それまでアメリカでも「TOYOTA」の名で自動車を販売していたトヨタ自動車でしたが、世界の市場における「日本車=丈夫な安物」といった旧来の固定概念を払拭すべく、膨大な投資により「レクサス(LEXUS)」ブランドを立ち上げて高級車市場に参入しました。その結果、見事に成功を収めた経緯があります。その後2005年(平成17年)にレクサスブランドが日本へ逆輸入されることになり、日本における唯一の高級車ブランドが誕生しました。

主な車種ラインアップ

主な車種ラインアップ

レクサスは高級車ブランドであるため、日本の自動車メーカー・ブランドの中では比較的車種が絞られています。車名は基本的にはアルファベット2文字を組み合わせ、その後ろにエンジンのパワーを表現する3桁の数字を組み合わせて構成しています。現在日本で新車を購入できる車種のうち、代表的なものをご紹介します。

セダン/ハッチバック

セダン/ハッチバック

最高級フラッグシップモデルであるプレミアムセダンLS、スポーティな味付けがなされたグランドツーリングセダンGS、「インテリジェント・スポーツ」と銘打たれたISが代表的です。また、ハイブリッド専用車であるHS、CTの他、LSやGSなど他の車種にもハイブリッド仕様車がラインアップしています。

SUV/クロスオーバーSUV

日本で購入できるレクサスのSUV車はRXのみです。北米やヨーロッパなどではLX、GXなど、RXより大型のものも販売されています。

クーペ・コンバーチブル

2ドアボディで屋根をオープンにできるコンバーチブルボディのIS Cのみが、このカテゴリーにラインアップされています。

Fパフォーマンス

特別なスポーティモデルとしてIS Fのみがラインアップされています。なお「F」はトヨタ自動車の傘下にある国際レーシングコース、富士スピードウェイに由来します。

レクサス車共通の特徴

レクサス車共通の特徴

レクサスはトヨタ自動車が生産する自動車ですが、品質評価基準はトヨタ車よりも高く設定されており、高級車ブランドならではの高品質や高い安全性がレクサスの特徴となっています。また、日本車らしい信頼性の高さも維持しています。デザインの個性として、2012年(平成24年)発売のGSから採用された「スピンドルグリル」が、レクサスのデザイン・シンボルとして順次採用されています。

中古車への取り組み

中古車への取り組み

レクサスの名にふさわしい高品質な中古車を認定中古車として、特に「CPO(Certified Pre-Owned)」と呼んでいます。納車前の十分な点検整備や、行き届いた保証・メンテナンスを設定し、レクサスオーナーだけのカーライフサポートは、新車ユーザーと同様にCPOユーザーも利用できます。

自動車生産以外の活動

自動車生産以外の活動

レクサスはモータースポーツのジャンルへも積極的に参加しています。特に世界的に名高いドイツ・ニュルブルクリンクで開催される24時間耐久レース(24時間でどれだけ長い距離を走行できるかを競うレース)でのクラス優勝の他、改造を施した市販車で行なわれるSUPER GTでも優秀な成績を重ねています。