施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のカーディーラー(自動車販売店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトカーディーラー(自動車販売店)リサーチ

カーディーラー情報

日本の主な自動車メーカー「トヨタ」



トヨタ自動車は愛知県豊田市に本社を構える自動車メーカーです。日本国内における自動車の販売で長年日本一のシェアを持つことから日本を代表する自動車メーカーと呼ばれ、2012年(平成24年)には自動車販売台数で世界一を記録し、世界有数の企業としても知られています。国内で販売している自動車ブランドとしては、社名を冠したトヨタ車の他にレクサスを扱い、また北米ではサイオン(SCION)を持ちます。同様の自動車メーカーであるダイハツ工業日野自動車の親会社でもあり、これらを総称して「トヨタグループ」と呼びます。またスバル車を生産する富士重工業の筆頭株主でもあります。

トヨタ自動車の成り立ち

トヨタ自動車の成り立ち

繊維機械を生産していた豊田自動織機製作所において、1933年(昭和8年)に立ち上げられた自動車部がトヨタ自動車の源流です。その後、1937年(昭和12年)に豊田自動織機製作所から自動車部が独立する形でトヨタ自動車工業株式会社が創業。1982年(昭和57年)に、分社化していたトヨタ自動車販売株式会社と合併するかたちで現在のトヨタ自動車が誕生しました。

トヨタの代表的な車種

トヨタの代表的な車種

日本一の販売シェアを持つトヨタ自動車は、多彩な自動車を生産しています。ここでは、特に代表的な車種をご紹介します。

トヨタ・クラウン

トヨタ・クラウン

1983年(昭和58年)に使用された有名なキャッチコピー「いつかはクラウン」が示すように、多くの人にとって憧れになるような、高級車の代名詞として知られた車種です。1955年(昭和30年)の初代に始まり、2012年(平成24年)に販売がスタートした14代目まで、日本の乗用車としてはひときわ長い歴史を持っています。

トヨタ・プリウス

トヨタ・プリウス

1997年(平成9年)に誕生した世界初の量産ハイブリッドカーです。自動車の排出ガスによる環境破壊や、化石燃料の枯渇が問題視される中、他の自動車メーカーより先駆けてハイブリッド車の量産化に成功したことから、近年のトヨタ自動車を象徴する1台であるとも言えます。また全長を延伸しワゴンタイプのボディを持つプリウスαなど、派生モデルもラインアップされています。

トヨタ・ランドクルーザー

トヨタ・ランドクルーザー

1954年(昭和29年)に初代が誕生して以降、フルモデルチェンジやマイナーチェンジを繰り返し生産され続けているSUVです(同一車名が続いている日本車としては最長)。堅牢で信頼性が高く、不整地路面でも難なく走行できるSUVであることから、世界中で愛用されています。

トヨタ・ヴィッツ

トヨタ・ヴィッツ

1999年(平成11年)から販売されている、1000~1500ccクラスのコンパクトカーです。価格が手頃であることから販売台数が多く、またヴィッツをベースとした派生モデルが幅広く展開しています。なおヨーロッパや北米では「ヤリス・ハッチバック」の名で販売されています。

中古車への取り組み

中古車への取り組み

トヨタ自動車独自の中古車への取り組みとして「U-Car T-Value(ティー・バリュー)」があります。トヨタの各車種に精通した専売店のみの中古車ブランドとして、信頼性の高さや清潔感を魅力として特にPRしています。