施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のカーディーラー(自動車販売店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトカーディーラー(自動車販売店)リサーチ

カーディーラー情報

日本の主な自動車メーカー「スバル」



自動車のスバルを生産するメーカーは、群馬県太田市に本社を構える富士重工業です。同社の自動車部門が生産する自動車ブランドが、スバルと名付けられています。自動車部門の他に、航空宇宙部門、産業機器部門、環境技術部門、住宅事業部門があり、総合的な重工業メーカーとして幅広い分野で高い技術力を有する企業です。

スバル(富士重工業)の成り立ち

スバル(富士重工業)の成り立ち

1917年(大正6年)に設立された飛行機研究所をルーツとする、歴史ある企業です。飛行機研究所は翌年、日本飛行機製作所に改称し、軍用機や民間機を製造していましたが、敗戦後に日本での航空機生産が禁止されたことを受け、1945年(昭和20年)に富士産業株式会社に改称しました。しばらく簡易なスクーターなどを生産していましたが、1950年(昭和25年)にはGHQから財閥解体を命じられ、工場ごとに15社以上の企業に細かく分割されました。

分割された企業がそれぞれ固有の名称を持ち、独自の企業として活動していたところ、朝鮮戦争が勃発しました。この戦争は日本に特需をもたらした上、サンフランシスコ講和条約の発行によりGHQに接収されていた土地・建物の所有者への返還が始まります。これを期にかつて分割された社を再び合併する動きが活発化し、まず分割されたうちの5社共同出資で1953年(昭和28年)に富士重工業株式会社が創立され、翌年には新会社である富士重工業が、出資元の5社を吸収合併しました。

ブランド名になっている「スバル」は6連星であるプレアデス星団の和名で、富士重工業と5社の合併をプレアデス星団になぞらえたものです。

スバルの代表的な車種

スバルの代表的な車種

かつて飛行機を生産していた企業ということもあり、他の自動車メーカーとは異なる独自の設計思想で生産された自動車が、歴史の中で多く誕生しました。ここではスバルの代表的な車種を数点ご紹介します。

スバル・レガシィ

スバル・レガシィ

スバルのラインアップの中でフラッグシップモデルに位置し、スバルを代表する車種と呼ばれる人気モデルです。セダンボディの他、ワゴンボディ、SUV型のアウトバックなど派生モデルも生産・販売されています。初代は1989年(平成元年)から生産・販売が開始されました。エンジンのシリンダーを水平対向の位置に配置した通称「ボクサーエンジン」を初代から一貫して搭載し、またかつてのラインアップ「スバル・レオーネ」から続く4WDシステムを採用し続けるなど、スバルの歴史を物語る技術の数々が搭載されています。

スバル・インプレッサ

スバル・インプレッサ

レガシィのコンパクト版といった位置付けで、1992年(平成3年)に誕生したモデルです。レガシィと同様のボクサーエンジンを搭載し、セダン、スポーツワゴン、セダンWRXの3種類で生産・販売をスタートしています。これらの中でもハイパフォーマンスモデルであるセダンWRXは特に人気が高く、のちにスポーツワゴンにもWRXモデルが誕生します。WRXモデルは、世界ラリー選手権(WRC)で3連覇を果たすなど、レースの分野でめざましい活躍を遂げ、海外にも多くのファンを獲得しました。2010年(平成22年)よりWRXモデルは「スバルWRX STI」として独立した車名を与えられています。

スバル・BRZ

スバル・BRZ

富士重工業の筆頭株主であるトヨタ自動車と共同開発し、2012年(平成24年)に誕生したスポーツカー、「トヨタ・86(ハチロク)」と兄弟車の関係にあるモデルです。両社の技術を持ち寄り共同開発した開発となっており、エンブレムをはじめとしたデザインの細部で異なる他は大きな違いはありません。なお、トヨタ・86ともに富士重工業の工場で生産されています。

中古車への取り組み

中古車への取り組み

他の大手自動車メーカーと同様に、スバル販売店のみで取り扱える「SUBARU認定中古車」を設定しています。中古車としての高いクオリティと、1年間走行距離無制限の保証(追加料金で延長も可能)、スペシャリストによる信頼性の高いアフターサービスを魅力とし、認定中古車には該当しない中古車も含め、自社の専用サイトで全国の店舗における在庫情報を開示しています。