施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のカーディーラー(自動車販売店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトカーディーラー(自動車販売店)リサーチ

カーディーラー情報

日本の主な自動車メーカー
「ダイハツ」



ダイハツの名で自動車を生産するメーカーは、大阪府池田市に本社を構えるダイハツ工業です。社名の由来は「大阪の発動機メーカー」であることを示す「大阪」と「発動機」の頭文字「大発」から転じたとされています。現在はトヨタ自動車の連結子会社であり、トヨタグループの一員として数えられます。

ダイハツ工業の成り立ち

ダイハツ工業の成り立ち

ダイハツ工業のルーツである「發動機製造株式會社」は1907年(明治40年)に創業されており、日本の量販車メーカーとしては特に長い歴史を持ちます。当初は工場などに設置するガス発電機のメーカーとして活躍していましたが、1930年(昭和5年)にオート三輪「ダイハツ号」を販売し、この年から三輪自動車の生産を開始します。このダイハツ号により「ダイハツ」の名が広く知られるようになりました。それ以降、オート三輪車や小型自動車の生産を中心に開発・生産を続け、1951年(昭和26年)に現在の社名である「ダイハツ工業株式会社」に改めます。

なお、1966年(昭和41年)にはディーゼル部門を独立させ、ダイハツディーゼル株式会社を設立。翌年1967年(昭和42年)にはトヨタ自動車との業務提携をスタートさせます。こうした組織的な変遷がある中でも、小型車、及び軽自動車を中心としたラインアップは変わらず、その後1998年(平成10年)よりトヨタ自動車の連結子会社になりました。

ダイハツの代表的な車種

ダイハツの代表的な車種

小型車、及び軽自動車のメーカーとして集中的に小型車を生産し続けてきたダイハツの、代表的な車種をご紹介します。

ダイハツ・タント

ダイハツ・タント

「トールワゴン」と呼ばれる背の高い軽自動車モデルです。軽自動車の規格ギリギリまで広げられたサイズであり、スライドドアを採用して広大な室内空間を有する点が特徴です。2003年(平成15年)に初代モデルが誕生し、2007年(平成19年)にフルモデルチェンジされた2代目が登場しました。エアロパーツを装着した若々しいルックスの「タントカスタム」や、スライドドアからヒンジドアに変更した「タントエグゼ」「タントエグゼカスタム」といったバリエーション展開を行なっています。「タントエグゼ」はスバルブランド名義で「スバル・ルクラ」「スバル・ルクラカスタム」の名で販売(OEM供給)されています。

ダイハツ・ミラ(シリーズ)

ダイハツ・ミラ(シリーズ)

ダイハツが1980年(昭和55年)から生産・販売している、ハッチバック型の軽自動車です。車名が長く続いているモデルであるため、広く知られたモデルのひとつとして挙げられます。

長い歴史の中にはデザインに工夫を凝らしたレトロ風モデル(ミラ・クラシック)などもあり、現在も「ミラココア」「ミライース」など類似の名称が広く使われています。また、これらのモデルも他ブランドへのOEM供給を行なっており、ダイハツ・ミラは「スバル・プレオ」として、ダイハツ・ミライースは「トヨタ・ピクシスエポック」及び「スバル・プレオプラス」として販売されています。

ダイハツ・ムーヴ(シリーズ)

ダイハツ・ムーヴ(シリーズ)

背の高いトールワゴン型の軽自動車です。1995年(平成7年)に初代が誕生しました。誕生当初からライバルである同格の「スズキ・ワゴンR」と人気を二分し、トールワゴン型軽自動車の市場を大きく開きました。「ムーヴカスタム」「ムーヴコンテ」「ムーヴコンテカスタム」といったバリエーション展開を行なっています。また、トヨタ自動車名義で「トヨタ・ピクシススペース(ムーヴコンテのOEM供給)」、スバル名義で「スバル・ステラ(ムーヴのOEM供給)」としても販売されています。

中古車への取り組み

中古車への取り組み

自社サイトにて、「U-CATCH」として公式の中古車・軽自動車の検索サイトを運営しています。また、「ダイハツ認定U-CAR」として、車両状態証明書の付与や十分な保証制度などを約束した認定中古車制度を設定しています。なお、ダイハツの認定U-CARは、全国のダイハツ車販売店で取り扱っています。