施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のカーディーラー(自動車販売店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトカーディーラー(自動車販売店)リサーチ

カーディーラー情報

日本の主な自動車メーカー
「ミツオカ」



富山県富山市に本社を構える光岡自動車は「ミツオカ」の名で自動車をラインアップする、日本で10番目の新興自動車メーカーです。また、「BUBU」と呼ばれる店舗名で全国展開を行なう輸入車販売店でもあります。

ミツオカの成り立ち

ミツオカの成り立ち

光岡自動車の創業は1968年(昭和43年)で、当初は新車・中古車を販売するカーディーラーとして誕生し、独自名称である「BUBU(ブブ)」を用いて全国へ店舗展開していきました。やがて1979年(昭和54年)に開発部を新設し、メーカーとしての道を歩み始めます。当初は50ccエンジンを搭載した「ゼロハンカー」と呼ばれる車両(当時は原付免許で運転できた)を生産・販売する小規模なスタイルでしたが、1985年(昭和60年)からは他社の既存自動車をベースとして、内外装デザインを独自デザインのものへと改造する形式での自動車開発を進めています。

光岡自動車からラインアップされている自動車はいわゆる「パイクカー(クラシカル風をはじめとした個性的なデザインの自動車の総称)」と呼ばれるジャンルですが、光岡自動車では独自にこれを「ファッションカー」と呼んでいます。

また、既存自動車の改造のみならず、1994年(平成6年)には組み立て車「ニア・セブン」を開発・販売し、2001年(平成13年)には東京モーターショーに参加し自社開発のスーパーカー「大蛇(おろち)」を発表。のちに実車販売を行なうなど、極めて個性の強い新興自動車メーカーとして、その存在感を強くしつつあります。

ミツオカの代表的な車種

ミツオカの代表的な車種

既存の他社メーカー製自動車の供給を受け、独自の内外装デザインに変更する「ファッションカー」がミツオカのラインアップの中心です。車名には当て字のような和名が添えられています。

ミツオカ・ビュート(美遊人)

ミツオカ・ビュート(美遊人)

ニッサン・マーチをベース車両として、1955~67年(昭和30~42年)に生産されたイギリス車「ジャガーMk1/Mk2」のようなクラシカルなデザインに仕立てたモデルです。職人の手により手作りで改造を行ない、大量生産を基本とする大手自動車メーカーにはできない細かな意匠を施したことで注目を集めました。初代は1993年(平成5年)から販売されています。

ミツオカ・ガリュー(我流)

ミツオカ・ガリュー(我流)

ニッサン製ミドルセダンをベースとして、クラシックなデザインに仕立てられたファッションカーです。1996年(平成8年)に誕生した初代モデルは「ニッサン・クルーサルーン」、4代目モデルは「ニッサン・ティアナ」をベースとしています。

ミツオカ・オロチ(大蛇)

ミツオカ・オロチ(大蛇)

ミツオカのラインアップの中で唯一ベース車両を持たないモデルであり、他の日本車では実現し得ないであろう極めて個性的なデザインが特徴です。初代が誕生したのは2006年(平成18年)で、400台限定の完全受注生産として販売をスタートしました。以降、特別限定車を台数限定で販売するスタイルをとっています。自社生産しているパーツもある一方、エンジンはレクサス車に使われるものを用い、ブレーキはホンダ車のものを用いるなど、自動車の性能を左右する重要なパーツには大手自動車メーカー・部品メーカーのものが採用されています。

中古車への取り組み

中古車への取り組み

ミツオカの自社Webサイトに中古車情報を検索できる仕組みを盛り込んでおり、過去にラインアップされたミツオカのモデルも含め、全国の直営店在庫から中古車を検索できるようになっています。また、大手自動車メーカーと同様に良質な中古車を「ミツオカ認定中古車プログラム」と設定していますが、その内容は他に類を見ない個性的な販売スタイルを採用しています。

「ミツオカ認定中古車プログラム」は、良質な中古車をベースとし、新品パーツを用いて新車製造ラインで作り上げる販売スタイルをとっています。そのため、カラーやオプションなど中古車では本来選択できない要素を自由に選べるなど、ミツオカならではの独自性を堪能できる仕組みとなっています。