施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のカーディーラー(自動車販売店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトカーディーラー(自動車販売店)リサーチ

カーディーラー情報

日本の主な自動車メーカー「いすゞ」



「いすゞ」のブランド名で自動車を生産するメーカーは、東京都品川区に本社を構えるいすゞ自動車です。名称は三重県・伊勢神宮を流れる五十鈴川に由来し、初代の社章デザインには五十鈴川のさざなみがデザインされていました。

いすゞ自動車の成り立ち

いすゞ自動車の成り立ち

いすゞ自動車の創業は1916年(大正5年)と古く、現存する日本の自動車メーカーの中でも特に長い歴史を持ちます。東京石川島造船所(後のIHI)にあった自動車部門が、東京瓦斯電気興業と合同で自動車製造を企画したことから始まり、1928年(昭和4年)には自動車部門が「石川島自動車製造所」として独立しました。1933年(昭和8年)にはダット自動車製造株式会社と合併して社名を「自動車工業株式会社」と改め、その後1937年(昭和12年)に東京瓦斯電気工業と合併し、「東京自動車工業」と名乗るようになります。

戦後はディーゼルエンジンの技術を磨き、主にトラックやバスなど大型車の生産に注力する一方、トヨタ自動車日産自動車と並んで一般的な乗用車の生産を続けていました。しかし、乗用車の販売は振るわず、2002年(平成14年)にはすべての乗用車生産から撤退しました。なお、アメリカのGMとの関係が長く、1971年(昭和46年)から提携関係が続いている一方、2006年(平成18年)からはトヨタ自動車とも資本提携を結んでいます。

いすゞの代表的な車種

いすゞの代表的な車種

一般向けの乗用車生産から撤退しているため、代表的な車種はトラックに代表される商用車が中心となります。なお、2010年(平成22年)には国内年間トラック販売台数でトップを記録しています。

いすゞ・エルフ

いすゞ・エルフ

いすゞ自動車ラインアップの主力商品である、小型・中型トラックです。1959年(昭和34年)に誕生した初代以降、モデルチェンジを重ねています。なお、海外のほとんどの地域では「REWARD」の名で販売されています。

いすゞ・フォワード

いすゞ・フォワード

中型トラックに分類されるサイズのトラックモデルです。海外では「Fシリーズ」と呼ばれる他、アメリカの自動車ブランド、シボレー/GMCのTシリーズと兄弟車である一方、南米ではGMとの提携により、シボレーブランドで販売されています。1970年(昭和45年)に初代が誕生し、現在(2013年)5代目となります。

いすゞ・ギガ

いすゞ・ギガ

1994年(平成6年)に誕生し、2010年(平成22年)に大幅なマイナーチェンジをしたものの、フルモデルチェンジをせずに生産・販売が続けられている大型トラックです。海外では「Cシリーズ」「Eシリーズ」の名前で販売されています。

自動車生産以外の取り組み

自動車生産以外の取り組み

いすゞ自動車はディーゼルエンジンに関する豊富なノウハウを持つことから、エンジン単体を生産し、他自動車メーカーへ供給する役目も担っています。供給先の中心は提携を結んでいるGMグループが中心です。

また、エンジンは船舶用に使われるものも生産している他、工場などに配置される産業用エンジンも開発しており、発電機やコジェネレーション用として国内大手の企業へ供給しています。