施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のカーディーラー(自動車販売店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトカーディーラー(自動車販売店)リサーチ

カーディーラー情報

日本の主な自動車メーカー
「三菱ふそう」



「三菱ふそう」の名で自動車を生産するメーカーの正式名称は「三菱ふそうトラック・バス株式会社」です。社名を英字にした頭文字を連ねて「MFTBC」と表記する場合もあります。本社は神奈川県川崎市にあります。

三菱ふそうの成り立ち

三菱ふそうの成り立ち

社名から伺えるように、三菱ふそうは三菱自動車と同じ三菱財閥にルーツを持ち、1917年(大正6年)に設立された「三菱造船」が起源である点も同じです。社名が「三菱造船」だった時代から自動車の生産を開始しており、1932年(昭和7年)にはB46型ガソリンバスを完成させ、「ふそう」と名付けています。この当時の「ふそう」は企業名ではなく、生産した自動車に付けられた名前のひとつでした。

1934年(昭和9年)に「三菱造船」は「三菱重工業」へ社名を変更し、戦争を挟んで紆余曲折をしながらも機械メーカーとして成長を続けていきます。三菱重工業では、産業用機械以外にトラックやバスなどの大型車を続々と生産し、日本の高度成長期を支える役目を担いました。

1970年(昭和45年)に「三菱重工業」の自動車部門が「三菱自動車工業」として独立し、三菱自動車工業の「トラック・バス部門」として引き続き大型車の生産を続けます。

その後、三菱自動車工業はトラック・バス部門を分社化し、2003年(平成15年)に「三菱ふそうトラック・バス」が誕生しました。2005年(平成17年)に株主構成比に変化が生じ、三菱ふそうトラック・バスはダイムラークライスラー社の連結子会社として傘下に収まります。なお、現在も三菱グループとの一定の資本関係は維持されています。

三菱ふそうの代表的な車種

三菱ふそうの代表的な車種

社名が示すようにトラック・バスのメーカーであるため、ここでは代表的なトラック及びバスをご紹介します。

三菱ふそう・スーパーグレート

三菱ふそう・スーパーグレート

三菱ふそうが1996年(平成8年)から生産している大型トラックです。誕生からフルモデルチェンジを行なっていないため、現在新車でラインアップされているモデルも初代となります(マイナーチェンジは重ねられています)。なお、ニュージーランドでは「ショーグン(Shogun)」の名で販売されています(三菱・パジェロのイギリスでの販売名もショーグン)。

三菱ふそう・キャンター

三菱ふそう・キャンター

1963年(昭和38年)から生産されている小型トラックです。現在新車にラインアップされているモデルは2010年(平成22年)に誕生した8代目になります。現在の親会社であるダイムラー社の影響が強いヨーロッパにおいても、「三菱ふそう」のブランドで販売されている唯一のモデルです。

三菱ふそう・ローザ

三菱ふそう・ローザ

三菱ふそうが生産しているマイクロバスです。1960年(昭和35年)から生産が開始されたモデルですが、2004年(平成16年)に2ヵ月ほど生産を中止していました。現在(2013年)新車でラインアップされているモデルは、1997年(平成9年)にフルモデルチェンジが行なわれた4代目となります。小型路線バスやロケバスなどで用いられることが多く、街中で見かけやすいモデルです。