施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のカーディーラー(自動車販売店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトカーディーラー(自動車販売店)リサーチ

カーディーラー情報

日本の主な自動車メーカー
「UDトラックス(日産ディーゼル)」



かつて「日産ディーゼル工業」だった自動車メーカーは、2010年(平成22年)より「UDトラックス」へと社名変更し、埼玉県上尾市に本社を構えてトラックなど大型の自動車を生産しています。

UDトラックスの成り立ち

ディーゼルエンジンの生産からスタート

ディーゼルエンジンの生産からスタート

長い間「日産ディーゼル工業」の名で知られていましたが、1935年(昭和10年)の創業当時の社名は「日本デイゼル工業」で、誕生当時に日産自動車との関係はありませんでした。当初はディーゼルエンジンの生産がメインであり、段々とそのエンジンを搭載する輸送機器を生産するようになっていきます。やがて、戦争の気配が色濃くなっていく時代において鐘淵紡績(後のカネボウ)が資本参加を行ない、1942年(昭和17年)には「鐘淵デイゼル工業」へと社名変更します。

当時は、ライバル企業であった「ヂーゼル自動車工業(後のいすゞ)」の存在感が強かったため直接対決を避け、ライバルが手を付けていなかったブルドーザーや船舶用エンジンなどの市場を開拓し、注力していきました。

日産との関係強化

日産との関係強化

終戦後、新興財閥として危険視された鐘淵紡績はGHQにより整理縮小されることになり、「鐘淵デイゼル工業」は分割され、「民生産業」へ社名を変更します。戦前にはブルドーザーなど特殊大型車両の生産を得意としていましたが、これも戦後の制限により制止されてしまい、トラックやバスの生産にシフトしていくことになります。

戦争などで紆余曲折はあったものの、民生産業は、優れたディーゼルエンジンを生産する技術を持っていたため、日産自動車との取引が増えていきます。

そして1950年(昭和25年)に日産自動車が資本参加を始め、「民生デイゼル工業」として改めて創業し、協力関係はますます強まっていきます。1960年(昭和35年)には「日産ディーゼル工業」へと社名変更し、翌年からは生産する自動車のブランド名に「ニッサンディーゼル」と名付けるようになりました。

ボルボの子会社に

ボルボの子会社に

時代が進み21世紀、世界的な自動車メーカー同士の合併・提携が進む時代において、日産ディーゼル工業も例外ではありませんでした。それまで主要株主だった日産自動車が株式をスウェーデンのボルボ社へと売却しました。その後、ボルボによる株式の取得は数年をかけて進み、2006年(平成18年)には日産自動車との資本関係が消滅し、2007年(平成19年)にはボルボの子会社に収まることになりました。

日産ディーゼル工業は2010年(平成22年)に「日本ボルボ株式会社」を吸収合併したことを契機に、社名を「UDトラックス」へと変更。「UD」とは、かつて「民生デイゼル工業」時代に生産していたメイン製品「ユニフロー掃気ディーゼルエンジン」に由来します。

UDトラックスの代表的な車種

UDトラックスの代表的な車種

「UDトラックス」という名前の通り、社名変更した2010年(平成22年)にバスの生産を終了してトラックの生産に注力しています。

UDトラックス・クオン

UDトラックス・クオン

大型トラックに分類される「ビッグサム」という以前のモデルからフルモデルチェンジし、2004年(平成16年)より「クオン」になりました。大型トラックとしては初めて尿素SCR(有毒な排出ガスを化学反応で軽減する触媒装置)を採用し、2005年(平成17年)排出ガス規制をクリアしたモデルです。

UDトラックス・コンドル

UDトラックス・コンドル

1975年(昭和50年)から生産されている小型・中型トラックのモデルです。現在新車ラインアップに挙げられているモデルは、2010年(平成22年)にフルモデルチェンジされた4代目です。