施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のカーディーラー(自動車販売店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトカーディーラー(自動車販売店)リサーチ

カーディーラー情報

自動車に関する税金 減税・免税



自動車には、購入した際や車検時のみならず、所持しているだけでも数種の税金が発生します。ここではそんな税金を、減税・免税する方法についてご紹介します。

環境負荷の少ないエコカーに関連する減税と免税

環境負荷の少ないエコカーに関連する減税と免税

「エコカー減税」と呼ばれる、環境負荷の少ない自動車モデルに対して設定された減税措置があります。

新エコカー減税・中古車特例

新エコカー減税・中古車特例

自動車重量税に関しては2012年(平成24年)5月1日~2015年(平成27年)4月30日、自動車取得税に関しては2012年4月1日~2015年3月31日に適用される減税・免税措置です。環境負荷の少ない自動車モデルに関して車種別に設定されている減税・免税措置であり、自動車メーカー各社が「エコカー減税適用車」と宣伝しているのは、この減税措置に関係しています。

減税・免税措置をより得られる車種ジャンル

新エコカー減税・中古車特例で減税・免税を受けられる車種の中から、特に優遇措置が大きい種類をご紹介します。これらは新車検査時の自動車重量税が免除され、2回目の車検時の自動車重量税が50%軽減されて自動車取得税が非課税となります(中古車の場合は45万円控除)。また、これらに該当しない燃費性能の及ばない車種であっても、一定の減税措置を受けられる場合があります。詳細は国土交通省のWebサイト、あるいはカーディーラーの店頭で確認できます。

  • 電気自動車(燃料電池自動車を含む)
  • 天然ガス自動車(平成21年排ガス規制NOx10%以上低減)
  • プラグインハイブリッド自動車
  • クリーンディーゼル乗用車(平成21年排ガス規制適合の乗用車)
  • ハイブリッド車を含むガソリン自動車(車両総重量2.5t以下の乗用車など)で平成17年排ガス規制75%低減(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+20%(3.5t以下の中量車の場合は+10%)達成(JC08モードの場合)
  • ハイブリッド車を含むディーゼル車(車両総重量3.5t超の重量車)で平成21年排ガス規制NOx及びPM10%以上低減かつ平成27年度燃費基準+10%達成

自動車税のグリーン化税制

自動車税のグリーン化税制

2012年(平成24年)~2013年(平成25年)度中に新車新規登録した場合に、それぞれ翌年度分の自動車税を軽減する特例措置です。環境負荷の少ない自動車の場合は、翌年に限り最大で自動車税が約50%軽減されます。

その一方で長く使用し続けている自動車の場合は、逆に自動車税の課税額が多くなってしまいます。ガソリン車とLPG車の場合で13年超、ディーゼル車の場合で11年超の自動車は、約10%が重課されます。

ASV/バリアフリー車両減税(自動車重量税・自動車取得税)

ASV/バリアフリー車両減税(自動車重量税・自動車取得税)

エコカー減税以外にも、特定の装備を持つ自動車と、介護などに用いられるバリアフリー車両には、別途減税・免税が適用されるものがあります。なお、新エコカー減税と重複する場合は、どちらか片方が適用されます(自動車重量税については新エコカー減税を適用、自動車取得税については選択)。

ASV・バリアフリー車両減税(自動車重量税・自動車取得税)

ASV・バリアフリー車両減税(自動車重量税・自動車取得税)

先進技術を利用してドライバーの安全運転を支援するシステムを「先進安全自動車(ASV)」と呼び、国土交通省ではこれの開発、実用化、普及を促進する立場を取っていることから、衝突被害軽減ブレーキ搭載車は自動車重量税の50%軽減と、自動車取得税の取得価格控除(350万円)の減税措置を受けられます。

また一方で、ノンステップバスやリフト付きバス、ユニバーサルデザインタクシーなどを「バリアフリー車両」と呼び、自動車重量税の免税(初回の新車新規検査時のみ)、自動車取得税の一定額控除(種類により異なる)の減税・免税措置を受けられます。