施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のカーディーラー(自動車販売店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトカーディーラー(自動車販売店)リサーチ

カーディーラー情報

自動車保険の種類



自動車を運転する際には、万が一の事故から大きな賠償責任が発生する可能性があるため、一定範囲の保険を契約することが義務付けられています。また、その保険の範囲では補償しきれない場合に備え、さらに別途契約することが推奨されている自動車保険があります。ここでは自動車保険の種類をご紹介します。

加入が義務付けられている保険

加入が義務付けられている保険

自動車で公道を走る際に必要となり、車検時に契約が義務付けられている保険です。

自動車損害賠償責任保険

自動車損害賠償責任保険

加入した自動車が人身事故を起こした場合に適用される自動車保険です。省略して「自賠責保険」と呼ばれます。なお物損については適用されません。補償の限度額は、傷害120万円、死亡3,000万円、重度後遺障害4,000万円までとなっており、近年の損害補償額相場と比較すると、十分な保険であるとはいえません。

任意で加入する保険

任意で加入する保険

自賠責保険とは別に、自動車の所有者あるいは使用者が契約する保険です。補償される対象と範囲によって数種類が存在します。

対人賠償保険

対人賠償保険

交通事故により人身事故を起こした場合に適用される自動車保険で、賠償金の支払額が自賠責保険で支払われる範囲を越えた場合に保険金が支払われます。補償額の上限によって数種類のコースが設定されている場合がありますが、一般的には「無制限」で契約することが推奨されています。なお保険の対象となるのは他人に限定され、一親等内の親族や配偶者への保険金支払いには適用されません。

対物賠償保険

対物賠償保険

交通事故により他人の財産や公共の施設などに損害を与え、その賠償責任が発生した場合に適用される自動車保険です。補償範囲の額面によって数種類のコースが設定されているのが一般的です。

自損事故保険

自損事故保険

相手方に過失がない交通事故の場合と、単独事故の場合、ドライバー本人の死亡や傷害に対して保険金支払いが適用される保険です。こうした事故の場合、上でご紹介した自賠責保険と対人賠償保険が適用されないため、それらを補う形で適用されます。こうした背景から、通常は対人賠償保険とセットになっているのが一般的です。

搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険

交通事故により、傷害または死亡したドライバーや同乗者に適用される自動車保険です。対人賠償保険が他人に限定される一方、搭乗者傷害保険は身内(同乗者)に適用される保険として分類されます。

車両保険

車両保険

交通事故により発生した、自分の自動車の修理代などで保険金が支払われる自動車保険です。交通事故の他、自動車盗難や車上荒らしなどの被害にも保険金が支払われる場合があり、契約時のコース分けにより保証できる範囲が設定されています。

無保険車傷害保険

無保険車傷害保険

相手のある交通事故の場合、過失の割合によってお互いの補償額が変動しますが、こちら側の過失が比較的少ないケースなどで、かつ相手方が十分な保険に加入していなかった場合に適用される保険です。相手側から満足な補償が受けられなかった場合に、この保険金が支払われます。相手方の飲酒運転で事故が発生した場合など、条件違反により相手方の自動車保険が適用されない場合にも適用されます。

人身傷害補償保険

人身傷害補償保険

契約者およびその家族に発生した、人身傷害全般を手厚くサポートする保険です。どのような事故の場合でも必要になった治療費や通院費などの実費が支払われ(保険会社が設定する基準による)、契約者と家族が歩行中(自転車の運転中も含む)に交通事故被害にあった場合にも適用されます。また相手方の保険会社から賠償金が支払われる場合においても、通常は示談が成立した後に支払いが始まりますが、人身傷害補償保険はそれに関わらずすぐに保険金を受け取ることができます。