施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のカーディーラー(自動車販売店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトカーディーラー(自動車販売店)リサーチ

カーディーラー情報

自動車保険の通販式、リスク細分型



1998年(平成10年)に自動車保険が完全自由化され、海外資本の保険会社が日本に参入するのと同時に、新しいスタイルの自動車保険が登場しています。ここではそのうちの「通販式」と「リスク細分型」についてご紹介します 。

通販式自動車保険

通販式自動車保険

完全自由化がなされる以前は、自動車保険の契約者と損害保険会社の間に代理店(カーディーラーが兼ねることが多い)が存在しており、代理店で契約を行なうことが一般的でした。その代理店を挟まず、インターネットや電話を通じて自動車保険の契約者と、損害保険会社が直接契約を行なうものを「通販式」あるいは「通販式自動車保険」と呼びます。こうした背景から「ダイレクト保険」と呼ぶこともあります 。

通販式自動車保険のメリット

通販式自動車保険のメリット

中間業者である代理店を除いているため、その分の費用を節約することができ、保険費用を比較的安くできることが最大のメリットです。また、専用のWebサイトを使いインターネット上で契約を行なう場合は、保険の見直しや契約の乗り換えなどを行ないやすい点と、時間帯を問わず自分のペースで検討と契約ができる点もメリットといえます。

通販式自動車保険のデメリット

通販式自動車保険のデメリット

安さと引き換えに、代理店という保険のプロとの接点がなくなるため、相談できない点がデメリットとして挙げられます。そのため、通販式自動車保険を利用して契約する場合は、ある程度の自動車保険についての知識を持ち、間違いのない選択を自己責任で行なう必要があります。

自動車保険を契約することは、「安心を得る」という効果につながります。保険契約や適用に関する条件は難解な表現が多いため、こうした知識に関して自信がない人は、しっかりとした代理店に相談した方が安心を得られるでしょう。

リスク細分型自動車保険

リスク細分型自動車保険

「リスク」とは「危険度」です。1996年(平成8年)に定められた「保険業法施行規則」では、「年齢」「性別」「運転歴」「営業用、自家用その他自動車の使用目的」「年間走行距離その他自動車の使用状況」「地域」「自動車の種別」「自動車の安全装置の有無」「自動車の所有台数」の9項目を「リスク要因」として、これらの内容により保険料金を左右することが許されています。

保険会社はこの9項目の中身を区分して契約者の「リスク(危険度)」を定め、危険度の低い契約者の保険料金は安く、危険度の高い契約者の保険料金は高くしています。そして、この区分を従来よりも細かく分けたものが「リスク細分型」と呼ばれる自動車保険です 。

リスク細分型自動車保険のメリット

リスク細分型自動車保険のメリット

損害保険会社が独自に定めるリスク要因の分類に自分を落とし込んだとき「リスク(危険度)の低い契約者」とされれば、保険料金を安く抑えることができます。運転機会の少ないドライバーや、無事故無違反の記録が長い優良ドライバーなどは、概ね保険料金が安くなる見込みです。

リスク細分型自動車保険のデメリット

リスク細分型自動車保険のデメリット

「リスク(危険度)の高い契約者」にされてしまった場合、保険料金は従来型よりも高くなってしまいます。年齢の若いドライバーや、スポーツカーに乗っているといった場合は、危険度が高いと見なされることが多いようです。