施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のカーディーラー(自動車販売店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトカーディーラー(自動車販売店)リサーチ

カーディーラー情報

自動車保険の年齢条件、家族条件



自動車保険(任意保険)の契約時に検討するべき項目の中に、「年齢条件」や「家族条件(運転者限定特約と表現されることがあります)」などがあります。ここではこうした条件についてご紹介します。なお、自賠責保険には特に条件設定はありません。

年齢条件とは

年齢条件とは

自動車保険の保険適用条件として、運転者の年齢を制限するものです。18歳以上のあらゆる年齢で保険が適用できる「全年齢」から、段階的に「21歳以上」、「26歳以上」、「30歳以上」などと、損害保険会社それぞれで設定しているのが一般的です。運転する人がひとりだけの場合は、その人の年齢に合わせて年齢条件を引き上げることで、一定の割引を受けられます。

年齢条件に関する節約のコツ

年齢条件に関する節約のコツ

近年増えている「リスク細分型保険」の中には、旧来の5歳刻みではなく1歳ずつ年齢条件を設定できる保険などもあり、年齢条件を細かく選ぶことで保険料金を節約できる場合があります。

また、現在契約している自動車保険の年齢条件設定が「30歳以上」を最高年齢設定としていた場合、他の損害保険会社が「35歳以上」などもっと上の年齢条件を設定しているのならば、契約する損害保険会社を変えることで、支払う保険料金を節約できることがあるでしょう。

家族条件とは

家族条件とは

自動車保険の保険適用条件として運転できる人を、家族の範囲内で制限するものです。「運転者限定特約」など損害保険会社によって様々な名称で呼ばれており、他人も含め、誰が運転しても保険が適用される「限定なし」と比較して、保険料金を抑えることができます。最も保険料を安くできる「本人限定(契約者のみ)」から、「夫婦限定(契約者と配偶者のみ)」、「家族限定(契約者、同居の親類、別居している未婚の子)」などと、損害保険会社それぞれで適用範囲によって数種類が設定されています。

ただし、一般的な認識でいう「家族」と、損害保険会社が定める「家族」の定義に若干のズレがある場合があるため、こうした条件で契約する場合は十分な確認が必要です。

家族条件に関する節約のコツ

家族条件に関する節約のコツ

通常は家族内でしか自動車を使用しないものの、年に数回は友人と旅行に出かけ、運転を任せる場合がある、といったケースでは、一時的に家族条件を解除することで効率よく保険料金を節約できる場合があります。事前に損害保険会社に連絡し、条件の変更を申請して追加料金を支払う必要がありますが、旅行など前もってスケジュールが決まっている場合などは、少し手間をかけるだけで節約につながります。

条件類の複合について

条件類の複合について

自動車保険の適用範囲を条件する「年齢条件」と「家族条件」の2つをご紹介しましたが、損害保険会社の設定によってはこうした条件が複合した場合に、どの条件が上位になるかが異なります。そのため、保険について正しい知識を持つことで保険料を節約できる場合があります。

例として、「35歳以上」「家族限定」の2つの条件で契約している状態で、34歳以下の家族が運転する場合です。もし「家族限定」の詳細内容に「年齢を問わず家族であれば保険が適用できる」といった設定があれば、この例では保険の適用に問題ありません。損害保険会社の設定によって各条件・各特約の詳細は異なりますので、十分な確認をしてから選びましょう。