施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のカーディーラー(自動車販売店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトカーディーラー(自動車販売店)リサーチ

カーディーラー情報

自動車の購入「新車、新古車の購入」



自動車を購入する際、どんな自動車を購入するかによって手順が異なります。ここでは最も一般的な例として新車の購入についてご紹介するのと同時に、新車の購入と似た例として新古車についてもご紹介します。

新車の購入

自動車を購入する手段のひとつとして、最もオーソドックスな方法が新車の購入です。各自動車メーカーからラインアップされている最新モデル(旧型モデルでも未登録の在庫車があれば新車として購入可)を手に入れることができます。

新車を購入する際に決めておくこと・やること

自動車、特に新車であればその購入金額は高くなるため、いざ買おうというときには十分な準備をして臨みたいものです。新車を買う際に決めておきたいこと、やるべきことをご紹介します。

購入するモデル選び

まず、どの自動車を購入するかを決めます。自分の好みや使い道を元に、各自動車メーカーのWebサイトやテレビCM、街中で見かけたモデル、自動車雑誌などから情報を収集・比較し、数種類に絞りましょう。

購入する店選び

購入したい自動車が決まったら、その自動車を扱っている店を探します。自動車メーカーのWebサイトから自宅最寄りの販売店を探す方法が便利です。また、家族や友人の紹介が得られるのであれば、商談時の値引き交渉などに役立つ場合があります。

店頭で展示車や試乗車に触れる

カーディーラーを訪れたら、まず自分の目と手で購入したいモデルを確認しましょう。もし店に試乗車の準備があれば試乗したいと申し出て、実際に運転することをおすすめします。運転のしやすさや相性などは、試乗してみないと分からないポイントです。店に試乗車の準備がない場合でも、他のグループ店などから試乗車を取り寄せてくれる場合があるため、試乗したいと伝えることが大切です(特別なモデルの場合は、試乗車の用意がない場合もあります)。また、もし購入したい候補が数種類あるならば、時間をかけてそれぞれの自動車を扱っている店を訪れ、比較しながら納得がいくまで検討しましょう。

商談のスタート

自動車を購入する意思が固まってきたら、いよいよ商談を始めます。カーディーラーのスタッフに購入を検討していることを伝え、商談を進めていきます。

グレードやオプション、仕様の検討と決定

自動車には数種類のグレードと仕様、多様なオプションが準備されているのが一般的です。どんな自動車を求めているかをカーディーラーのスタッフに伝え、アドバイスや提案をもらいながら、詳細の内容を決定していきます。

値引き交渉

見積もり額が提示され、商談が具体的になってきたら値引きを交渉してみましょう。他に検討しているライバル車があることなどを伝えると、効率よく値引きが引き出せる場合があります。なお、高級車など一部の自動車ブランドでは、値引き交渉を一切受け付けない場合があります。

成約

金額の交渉も含め、すべての条件で納得ができたら成約です。契約書に自動車を購入することを示す押印をして、カーディーラーとの購入契約が成立します。

新古車とは

まれに「新古車」と呼ばれる自動車が見つかることがあります。これは、カーディーラーなどがすでに新車登録を行なった自動車のうち、登録だけして使用していない(試乗車など、ごくわずかに使用している場合があります)自動車のことです。すでにカーディーラー名義などで登録されているため厳密には新車ではなく中古車に該当しますが、ほぼ使用されていない新車に近い状態のため、「新古車」と呼ばれています。「未使用車」と呼ばれることもあります。

新古車は新車の価格よりも安く販売されることが多く、リーズナブルに最新モデルを購入できるメリットがあります。また、新車保証が残っている点も魅力です。

しかしながら新古車はごく限られた台数しかないため見つかることが少なく、またすでに新車登録されている関係上、好みのボディカラーなど自動車の仕様を自由に選べないというデメリットがあります。