施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のカーディーラー(自動車販売店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトカーディーラー(自動車販売店)リサーチ

カーディーラー情報

自動車の購入
「新車ディーラーでの購入」



ディーラー(dealer)とは本来、販売業者と取引業者全般を指す言葉ですが、一般的に「ディーラー」または「正規ディーラー」と呼ばれるのは、主に新車を扱う新車ディーラーのことを指します。自動車メーカーやインポーターと販売店契約を結んでいます。

新車ディーラーとは

新車ディーラーとは

自動車メーカー・インポーターによる直営店と、自動車メーカー・インポーターと販売店契約を結んだ販売業者による特約店があります。いずれの場合でも画一的な自動車とサービスを提供しています。

国産車の新車ディーラー

国産車の新車ディーラー

国産車を扱う新車ディーラーの特徴として、店舗形式により扱っている車種が異なる点が挙げられます。例としては、トヨタ自動車の新車を扱う「トヨペット店」「ネッツ店」「トヨタカローラ店」などです。これらは一部で共通した車種を扱うものの、基本的には取り扱う車種が異なるため、自動車を購入する際は希望する車種を扱う新車ディーラーを訪れる必要があります。

輸入車の新車ディーラー

輸入車の新車ディーラー

輸入車を扱う新車ディーラーの場合は国産車のように車種の制限はなく、同一輸入車ブランドを扱う新車ディーラーであればすべての車種を取り扱っています。

新車ディーラーで自動車を購入するメリット

新車ディーラーで自動車を購入するメリット

新車ディーラーが持つ最大の魅力は、自動車メーカー・インポーターとつながっている点です。メーカー・インポーターからは一定以上の接客能力とサービス品質を求められており、これを維持できなかった場合は販売店契約を解除されてしまうため、店舗としては全般的に高い品質を持っています。自動車において重要な整備や修理などのサービスについても、メーカーから適切なマニュアルが提供されています。また、サービス作業に必要な機器や工具を案内されていることから、正しいサービス作業を行なえる点も特徴です。なお、自動車でまれにあるリコール(不具合などを理由とした、販売が済んだ商品の回収と修理)は、各地の新車ディーラーが窓口になります。

販売がスタートしたばかりの最新モデルなどは、基本的に新車ディーラーでしか扱っていないため、話題性の高い新型に興味がある場合は新車ディーラーを訪れる必要があります。

新車ディーラーで自動車を購入するデメリット

新車ディーラーで自動車を購入するデメリット

高い信頼性を維持するため、中古車販売店などと比較して全般的に割高になってしまう点が挙げられます。

新車ディーラーで自動車を安く購入するコツ

新車ディーラーで自動車を安く購入するコツ

自動車メーカー・インポーターのほとんどは決算期として毎年3月・9月を設定していることから、より多くの販売台数を記録したいと考え、この時期に新車ディーラーへ販売奨励の施策を行なうことが多くなります。そのためこの時期には通常よりも多額の値引き販売が許されるようになり、値引き交渉を有利に進められるとされています。

またこの時期には、新車ディーラーによっては販売ノルマの達成を目指して自社名義で自動車を登録する場合があり、そうした登録車を新古車として、新車よりも安く販売することがあります。

また決算期以外には、一般的なボーナス時期である7・8月や12月も自動車の売れ行きが良いため、販売店が多く販売したいと考えることから、やはり値引き交渉しやすいとされています。