施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のカーディーラー(自動車販売店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトカーディーラー(自動車販売店)リサーチ

カーディーラー情報

自動車の購入
「自動車の諸費用を知ろう」



自動車を購入する際には、自動車本体及びオプションなどの料金の他に諸費用が発生します。税金も含めて「諸費用」とする場合もありますが、ここでは税金を除いた、自動車の購入時に発生する諸費用についてご紹介します。

自動車を購入する際に発生する諸費用の種類

自動車を購入する際に発生する諸費用の種類

自動車の販売店に行なってもらうサービス各種の費用が、諸費用のほとんどを占めます。見積書では項目別に表記されますので、それらが具体的にどういうものか知っておきましょう。なお中古車販売店の一部では、諸費用をすべて表示価格に含んでいる店があります。

納車費用

納車費用

自動車を購入し、その自動車を購入者の自宅まで届けてくれる際に発生する費用です。1万円前後であることが多く、納車時に自分で販売店まで取りに行くことでカットすることもできます。

整備費用

整備費用

中古車を購入した場合に発生する費用です。展示されていた状態から、満足に走行できる状態にするためにかかる費用です。なお中古車販売店によっては、あらかじめ整備費用込みで中古車に価格表示をしている場合があります。商談時にはどの程度の整備作業を行なうのか確認しておきましょう。整備時に専門的な機器などを用いなければならない場合は、別に機器使用料を請求される場合があります。

検査登録手続きなどの代行費用

検査登録手続きなどの代行費用

新車や、登録ナンバーが失効している中古車の場合は、地域の陸運局で登録手続きを行なう必要があります。また、ナンバーがすでに登録されている中古車の場合でも、名義変更などの作業が必要になります。これらをカーディーラーに任せる場合の代行費用です。登録手続きにはカーディーラーが発行する資料が必要になることもあり、購入者が自分で行なうことが少なく、カーディーラーに任せるのが一般的です。販売店や地域により異なりますが、数万円程度であることが多いようです。また、検査登録自体に法定費用として数千円が必要であるため、別途「法定費用」として請求されます。

車庫証明代行費用

車庫証明代行費用

現在、日本で自動車を所有する場合にはほとんどの地域で、その自動車を保管する場所があることを、地域の警察署が示す「車庫証明書」が必要になります。証明書を取得するための法定費用として数千円の印紙代が必要となるのに加えて、この発行手続きをカーディーラーに任せた場合に、代行費用が発生します。発行手続き自体は購入者自身でも行なえるため、自分で手続きして費用をカットすることもできます。

法定費用

法定費用

「検査登録手続きなどの代行費用」「車庫証明代行費用」で触れた法定費用は、別項目として見積書に記載されることが一般的です。法定費用は都道府県によって異なりますが、検査登録の費用、車庫証明書の取得費用それぞれに数千円程度が必要です。

希望ナンバー費用

自動車ナンバーを新規で取得する際に、希望の4桁数字を指定した場合に発生する費用です。都道府県によって異なり、数千円程度がかかります。

下取り費用・査定料

下取り費用・査定料

自動車を購入する際に、以前に乗っていた自動車を下取りに出す際に発生する費用です。下取りの価格は、総合的にかかる費用から値引きされます。もし下取り価格がつかない場合は、その廃車費用が請求される場合があります。またその自動車の下取り価格がいくらになるかを査定する際に、査定料が発生します。

リサイクル法に関連した費用

リサイクル法に関連した費用

2005年(平成17年)から施行された自動車リサイクル法に従い、自動車を新たに所有する人が負担しなければならない費用です。シュレッダーダスト(車体の破砕処分)、エアバッグ、フロンなど複数の項目があり、合計して1~2万円程度が発生します。すでに支払いが済んでおり支払証明書がある自動車の場合は支払う必要がありません。