施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のカーディーラー(自動車販売店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトカーディーラー(自動車販売店)リサーチ

カーディーラー情報

自動車の売却「売却方法」



自動車はとても便利な半面、購入する際に多くの手間がかかるのと同様に、売却して手放す際にも手間がかかることがあります。ここでは自動車の売却方法をご紹介します。

自動車を売却する前に

自動車を売却する前に

自動車を売却する前に、売却する予定の自動車を洗車するなどして、少しでも見栄えを良くすることで査定時の印象が良くなるといわれています。また同時に、細かな傷などは自分で補修できる程度のものは、カーグッズ販売店などで補修用品を購入し、作業してみることをおすすめします。また、車載の車検証や保険証券など書類を確認し、売却に必要な手順をスムーズに行なえるよう準備しましょう。

下取りに出す

下取りに出す

自動車を買い換える際、新たに自動車を購入する先のカーディーラーに自動車を売却(下取り)する場合は、売却時の手間が最も簡単になります。自動車を購入するやりとりと同時進行で作業を進めることができるため、時間が惜しい人や、自動車に関する知識が少なく、作業を一任したい人におすすめの方法です。ただし、中古車買取専門店へ売却する買取と比較し、下取り額は低くなりがちです。

中古車買取店専門店または中古車販売店へ

中古車買取店専門店または中古車販売店へ

単に自動車を売却して金銭に変えたい場合は「買取」と呼ばれる方法をとります。所有している自動車を店に持込み、買取額を査定してもらい、納得できれば売却成立となります。この場合の売却先は、中古車買取専門店の他、中古車を広く扱っている中古車販売店でも買取してくれます。買取額は大手中古車買取専門店や中古車販売店により異なりますので、できるだけ数種類の店舗を訪れ、より高く買い取ってくれる店を探す手間をかけることで、多くの金銭を得られる可能性が高まります。

個人売買

個人売買

下取りと買取の場合は相手がプロであることから、必要な手続きのほとんどを任せることができ、比較的簡単に自動車の売却手続きを行なえます。一方で、個人同士で自動車の売買を行なうこともできます。この場合は、売買に必要となる手続きの一切を自分や相手が行なう手間が増えますが、個人同士での交渉がうまく運べば市場の相場とは関係なしに高額で売却できる可能性もあります。ただし売買や所有者の変更に伴い課税される税金などを確認する必要があります。税金に関して不安があれば、地域の税事務所に相談しましょう。

知人間で売買

知人間で売買

知人との間で自動車の売買を行なう場合、多くの手間がかかります。その手間をおおまかに挙げると、車庫証明を取得し、必要書類(印鑑証明書、譲渡証明書、委任状、車検証、自賠責保険証、自動車納税証明書)を用意し、陸運局で手続きを行ない、必要な申請(移転登録申請書、自動車税・自動車取得税申告書)を行なう、といったことが必要です。こうした手間をどちらがやるのか、またそれらの費用をどちらが持つのかも事前に十分確認し、トラブルがないよう進める必要があります。

インターネットなどで個人売買

インターネットなどで個人売買

近年増えつつある、インターネットなどを利用した個人売買でも自動車を売却することができます。たくさんの人に自動車の売却を提案できるため、特に趣味性の高い自動車や、希少性の高い自動車を売却したい場合は、高値が付けられる可能性が高まります。

手間については知人間で売買する場合と同様ですが、よく知らない相手とやりとりを進めるため、より慎重に作業を進める必要があります。