施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のカーディーラー(自動車販売店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトカーディーラー(自動車販売店)リサーチ

カーディーラー情報

自動車の整備「日常点検」



自動車を安全に運転するために、一定の頻度で使用者により日常点検を行なうことが義務付けられています。なお、日常点検のタイミングは使用者の判断に任せられていますが、故障やトラブルを避けるために週に1度ぐらいの頻度で確認しましょう。

日常点検でチェックするポイント

日常点検でチェックするポイント

ここでは日常点検でチェックするべきポイントと、その内容をご紹介します。いずれも簡単な作業ですので、習慣付けられるように覚えておきましょう。なお、チェックすべき機器や装置がどの部分なのかは、自動車の取扱説明書で確認できます。

ボンネットの中をチェック

ボンネットの中をチェック

自動車のボンネットを開けて、エンジンルームを目視で確認する項目です。一般的な自動車の場合、運転席の足元にあるレバーを操作してボンネットを開けることができます。エンジンルームには、故障やトラブルを避けるために重要なチェックポイントが集まっています。

ウインドー・ウオッシャー・タンク

ウインドー・ウォッシャーの残量を確認します。ウインドー・ウォッシャーの使用頻度に応じ、それに合わせた補充が必要です。

ブレーキ・リザーバー・タンク

ブレーキ液の量を確認します。頻繁に減るものではありませんので、減少が著しいならば故障を疑う必要があります。

ラジエーター・リザーバー・タンク

冷却水の量を確認します。頻繁に減るものではありませんので、減少が著しいならば故障を疑う必要があります。

バッテリー

バッテリー液の量を確認します。頻繁に減るものではありませんので、減少が著しいならば故障を疑う必要があります。見にくいため、通常は自動車を揺らしてチェックします。

オイル・レベル・ゲージ

エンジン・オイルの量を確認します。エンジンに差し込まれてあるオイル・レベル・ゲージを引き抜いて確認します。

自動車の外部をチェック

自動車の外部をチェック

自動車の周りを一周しながら確認する項目です。特にタイヤのチェックはトラブルを回避するために重要なポイントです。

タイヤの外見

タイヤに刻まれたスリップ・サインを確認するのと同時に、片減りしていないか、異物が刺さっていないかなどを確認します。

タイヤの空気圧

カー用品店などで購入できるタイヤゲージと呼ばれる専用の道具を使い、適切な空気圧で4輪ともそろっているかを確認します。また、タイヤゲージはほとんどのガソリンスタンドで無料貸し出しを行なっていますので、給油の際にガソリンスタンドでも確認できます。

ランプ・ライト類

自動車に備わっているランプ・ライト類が適切に点灯することを確認し、汚れや破損がないかを確認します。ヘッドライト、ウインカーランプ、ブレーキランプ、バックランプなどが該当します。

運転席に座って操作をチェック

運転席に座って操作をチェック

運転席に座り、運転を始める前に確認する内容です。また運転をしながら確認する項目もあります

ペダル類の踏みしろとブレーキの効き

アクセルやブレーキのペダルを踏み、踏みごたえに異常がないか確認します。

パーキングブレーキの引きしろ

パーキングブレーキを操作し、作動に異常がないか確認します。

ウインドー・ウォッシャーとワイパー

ウインドー・ウォッシャーを作動し、適切に洗浄液が噴射されるか確認します。また同時にワイパーの動作も確認します。

エンジンのかかり具合

エンジンを始動させ、スムーズに作動するか確認します。またエンジン始動後はすぐに運転を始めず、エンジン音などに異常がないか確認します。

低速時と運転感覚のチェック

運転をしながら、反応や動作に異常がないか確認します。