施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のカーディーラー(自動車販売店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトカーディーラー(自動車販売店)リサーチ

カーディーラー情報

自動車の整備「消耗部品交換」



自動車は機械が複雑に組み合わされており、その機械が万全に動作するために「消耗品」と呼ばれる部品が用いられています。自動車を一定量使用することで消耗される部品ですので、適時交換しなければ故障やトラブルが発生してしまいます。ここでは代表的な消耗品についてご紹介します 。

エンジン・オイル

エンジン・オイル

消耗品として最も知名度が高いものがエンジン・オイルです。エンジンの潤滑油として用いられ、「自動車にとっての血液」と表現されることがあります。走行距離や経年によって劣化し、劣化したエンジン・オイルのままにしておくと、エンジンに深刻な故障やトラブルが発生する可能性が高まる他、燃費性能が悪化します 。

エンジン・オイルの交換頻度

交換頻度は一部で「3ヶ月または走行距離3,000km」といわれていますが、近年の自動車であれば1年に1回程度の交換で十分とされています。

オイル・フィルター(オイル・エレメント)

オイル・フィルター(オイル・エレメント)

エンジン・オイルをろ過する役割を持つ消耗品です 。

オイル・フィルターの交換頻度

エンジン・オイルの交換と同タイミングで交換するのが一般的です。

ベルト類

ベルト類

自動車には多くのゴム製ベルト部品が用いられています。タイミング・ベルトやファン・ベルトなどが代表的で、いずれも自動車が動くために重要な役割を担っています。破損し断裂した場合には、自動車そのものの重要な故障やトラブルに直結します 。

ベルト類の交換頻度

ベルト類の交換頻度

ベルトの種類と使用状況によって交換頻度は異なりますが、車検時にチェックが行なわれ、危険性が指摘された場合は速やかに交換することが推奨されています。また、日常的な点検としてエンジンルームを開けてベルトをチェックし、ひび割れなどが発生していないか確認することでトラブルを避けられる可能性が高まります。

エンジン冷却水(LLC)

エンジン冷却水(LLC)

高温で回転を続けるエンジンを冷却する役割を担っています。エンジン性能を十分に発揮するためには一定頻度での交換が必要です 。

エンジン冷却水(LLC)の交換頻度

エンジン冷却水(LLC)

消耗品のため新品に交換すれば安心であることは間違いありませんが、近年の自動車では「10年10万km使用した時点で交換すれば十分」としているモデルが多くなっています。交換頻度の目安は自動車の取扱説明書で確認しておきましょう。

エア・クリーナー・エレメント

エア・クリーナー・エレメント

エンジンに吸入される空気をろ過するフィルターです。エンジン性能を十分に発揮するために重要な役割を担い、燃費性能にも影響します 。

エア・クリーナー・エレメントの交換頻度

走行距離5万km程度での交換が一般的です。また砂地など埃っぽい地域を頻繁に走行する場合などは交換頻度が早まります。

ブレーキ液

ブレーキ液

ブレーキを効かせるために重要な役割を担っている消耗品です。長年の使用により空気中の水分を吸収するようになり、ブレーキが効かなくなる「ペーパーロック現象」というトラブルが発生する可能性が高まります 。

ブレーキ液の交換頻度

車検時に交換することが一般的です。ブレーキは安全のために極めて重要な部品であり、安心のためにも的確なタイミングで交換する必要があります。

ブレーキ・パッド(ブレーキ・ライニング)

ブレーキ・パッド(ブレーキ・ライニング)

ブレーキは摩耗して自動車を制動します。そのため使えば使うほど消耗しますので、使用状況に応じた交換が必要です 。

ブレーキ・パッド、ブレーキ・ライニングの交換頻度

ブレーキ・パッド、ブレーキ・ライニングの交換頻度

2~3万km程度の走行距離を目安として確認することが推奨されています。なお、急ブレーキの多い運転を繰り返している場合は交換頻度が早まります。車検時などにプロに確認してもらい、必要であれば交換しましょう。