施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のカーディーラー(自動車販売店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトカーディーラー(自動車販売店)リサーチ

カーディーラー情報

自動車の機能「エンジン」



自動車が持つ機能の中で、最も重要であるとされるのがエンジンです。自動車の性能と個性は、エンジンによって左右されます。

エンジンの役割

エンジンの役割

エンジンは自動車を人体に見立てて「心臓」に喩えられるほど重要な部分です。燃料を燃やして自動車が動くためのエネルギーを発生する場所であり、また、発電して車載の電装部品を動かす助けにもなっています。

人間の肺活量と同様に、エンジンが一度に処理できる容量を排気量として表し、この排気量によってエンジンの性能が左右される反面、排気量が多ければ自動車税額が高くなります。

代表的なエンジンの種類

代表的なエンジンの種類

「エンジン」と呼ばれるものの中には、様々な種類があります。ここでは代表的なエンジンをご紹介します。なお、電気自動車の場合には「モーター」が用いられており、原則的にエンジンは搭載されていません。

ガソリンエンジン

ガソリンエンジン

ガソリンを燃料として用いるエンジンを「ガソリンエンジン」と分類し、普及率が極めて高いことから一般的に「エンジン」と言えばガソリンエンジンを指します。熱エネルギーをシリンダーと呼ばれる部品の往復運動に変えているものがほとんどで、その構造を持つものは「レシプロ(往復)エンジン」とも呼ばれます。

ディーゼルエンジン

ディーゼルエンジン

ディーゼル燃料(軽油)を燃料として用いるエンジンを「ディーゼルエンジン」と呼びます。ガソリンエンジンとは燃料が異なるため、燃料への点火方法が異なります。燃料が安く大型車で用いられることが多い反面、排出ガスに有毒な物質を多く含む特徴があるとされてきましたが、近年では環境負荷の低い「クリーンディーゼル」と呼ばれるエンジンが誕生しています。なお、ディーゼルエンジンもほとんどが「レシプロエンジン」です。

ロータリーエンジン

ロータリーエンジン

レシプロエンジンが往復運動であるのに対し、回転運動の構造を用いているのが「ロータリーエンジン」です。日本の自動車メーカーであるマツダ社が長年代表的な自動車用ロータリーエンジン・メーカーとして活躍していましたが、現在はロータリーエンジンを搭載した新車はラインアップされていません(マツダ社では新型車を開発中としています)。

中古車を購入する際に注意したいエンジンのポイント

中古車を購入する際に注意したいエンジンのポイント

中古車を購入する場合は、自動車の走行距離がエンジンのコンディションを示す指針になります。走行距離が長ければそれだけエンジンが使用されていたことを意味し、劣化していることが予想されます。しかし、適切なタイミングでエンジン・オイルの交換が継続的に行なわれた自動車の場合と、満足にエンジン・オイルの交換が行なわれなかった場合の自動車では、走行距離が同等でもエンジンのコンディションが大きく異なります。そのため、これまでに「どのように使われていたか」が重要な参考情報になります。

エンジンの整備(メンテナンス)

エンジンの整備(メンテナンス)

エンジンの整備(メンテナンス)で代表的なものは、定期的なエンジン・オイルの交換です。エンジンが心臓と喩えられるように、エンジン・オイルは血液に喩えられます。エンジン自体は精密に設計されているため、むやみに分解することは好ましくなく、適切なタイミングでエンジン・オイルとエンジン・オイル・エレメントが交換されていれば、エンジンのコンディションは良好に維持できるよう設計されています。

なお、そのエンジンが開発された年代にもよりますが、およそ走行距離10万km程度を目安に、分解を伴う大規模なメンテナンスが必要であるというのが一般的です。