施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のカーディーラー(自動車販売店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトカーディーラー(自動車販売店)リサーチ

カーディーラー情報

自動車の機能「トランスミッション」



自動車に搭載される部品の中で、重要な部品として挙げられるものにトランスミッションがあります。ここではトランスミッションとはどういうものか、どういう種類があるかについてご紹介します。

トランスミッションの役割

トランスミッションの役割

エンジンによって発生した運動エネルギーを効率良く駆動力に変換する部品のことで、「変速機」とも呼ばれます。歯車などの組み合わせにより減速比を変更し、エンジンの負担を軽減して効率よく自動車を動かす役割を担うことから、燃費性能において重要な役割を持ちます。

代表的なトランスミッションの種類

代表的なトランスミッションの種類

自動車の進化とともに様々なトランスミッションが開発され、自動車に採用されています。ここでは代表的なトランスミッションの種類を解説します。

オートマチック・トランスミッション(AT)

オートマチック・トランスミッション(AT)

現在、日本市場で最も一般的なトランスミッションの種類です。省略して「オートマ」と呼ばれます。かつては運転者が自分で選択し、操作しなければならなかったトランスミッションの操作を機械に一任する仕組みです。運転者の負担が軽減される反面、操作ミスにより事故が発生しやすいデメリットが指摘されています。アクセルを踏んでいなくても駆動力が伝達される「クリープ現象」と呼ばれる動作は、AT車独特のものです。

マニュアル・トランスミッション(MT)

マニュアル・トランスミッション(MT)

日本ではかつて主流だった、運転者が手動で操作を行なうトランスミッションの形式です。単に「マニュアル」と呼ばれる他、その操作の様子を表現して「かき回し」などと呼ばれることがあります。

トランスミッションの操作にはクラッチペダルの操作が伴います。クラッチペダルを踏みエネルギーの伝達を一時的に解除し、トランスミッションを操作した後、クラッチペダルを戻して駆動力を伝達させるといった手順を踏む必要があります。近年では、クラッチペダルの操作のみを機械に一任した「セミAT」と呼ばれるトランスミッションも存在します。

無断変速(CVT)

無断変速(CVT)

歯車の組み合わせではなく、ベルトを用いるトランスミッションです。1速~5速のように明確に区分された段階ではなく、柔軟に変速比を変化できます。「連続可変トランスミッション(Continuously Variable Transmission)」とも呼ばれ、頭文字から「CVT」と省略されて呼称されることが一般的です。

中古車を購入する際に注意したいトランスミッションのポイント

中古車を購入する際に注意したいトランスミッションのポイント

主流であるAT車を選ぶ際は、そのメンテナンス状況が重要なポイントとして挙げられます。適切なタイミングでメンテナンスが行なわれていない場合はパワーロスが発生しやすく、燃費性能を悪化させます。整備記録などで適切な整備が行なわれていることを確認できる中古車が望ましいといえます。

トランスミッションにおける整備(メンテナンス)のポイント

トランスミッションにおける整備(メンテナンス)のポイント

AT車の整備(メンテナンス)として重要なのは、オートマチック・フルード(ATF)の交換です。自動車によってその高頻度の目安は異なりますが、概ね車検時に確認し、必要であれば交換する程度の頻度が望ましいとされています。トランスミッションはパワーの伝達に大きな役割を担っていることから、適切なタイミングで交換を行なうことで、燃費性能を高く維持することができます。