施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のカーディーラー(自動車販売店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトカーディーラー(自動車販売店)リサーチ

カーディーラー情報

自動車の機能「ミラー」



自動車にはいくつかのミラーが設置されています。そのすべてが後方を向いていることから、ミラーを総称して「バックミラー」と呼ぶこともあります。

自動車におけるミラーの役割

自動車におけるミラーの役割

ドライバーから見やすい位置に配置され、視線移動のみで後方を確認するために用いられます。平面鏡のほかに凸面鏡が用いられることがあり、平面鏡であれば距離感も確認できる一方で、凸面鏡であれば通常よりも広い視界を確認できます。近年のミラーでは平面鏡と凸面鏡を組み合わせたものもあり、そうしたミラーを備えた自動車の場合、一度にたくさんの情報を的確に確認できるよう設計されています。

ミラーの種類

ミラーの種類

ミラーは配置される場所により以下のように大別されます。

ドア・ミラー

ドア・ミラー

運転席側と助手席側のドアに備わったミラーです。主に自動車側面後方を確認するために用いられます。近年の自動車ではドア・ミラーの角度調節を電動で行なえるものが多く、そのほとんどは運転席に備わった調整装置で行ないます。こうした機能を持たない場合は、窓を開けるか車外に出て手動で調整する必要があります。なお、駐車時など使用しない場合は格納できるようになっているものがほとんどで、これも電動で動作するものが増えています。

ルーム・ミラー

ルーム・ミラー

車内の前方、乗員から見てフロントガラスの手前に配置されるミラーです。主に自動車の後方を確認するために用いられます。その役割上、後方の車両が照射したヘッドライトの光を反射してしまうことがあり、レバーで角度を切り替えて反射を逸らす機能や、センサーにより自動で防眩処理を行なう機能が組み合わされています。

フェンダー・ミラー

フェンダー・ミラー

近年の自動車ではあまり見られない、古い自動車で用いられるミラーの種類です。ドア・ミラーの代わりにボディ前方のフェンダー部分(ボンネットの左右)にミラーを配置したものを、フェンダー・ミラーと呼びます。ドア・ミラーよりも前方に配置されることから、少ない視線移動でミラーが確認できるメリットがあります。また、フェンダー・ミラーは自動車の前方左右で突起状に配置されることから、車両感覚を把握しやすいとされています。近年でもタクシーなどの一部の車で見ることができます。

中古車を購入する際に注意したいミラーのポイント

中古車を購入する際に注意したいミラーのポイント

中古車に限らず新車を購入する際も含め自動車を乗り換える際には、運転席に座ってミラーも含めた視界を確認しておきましょう。ミラー自体は中古車だからと劣化している例は少ないため、運転席からの視界に問題がなければ特筆する点はありません。

ミラーにおける整備(メンテナンス)のポイント

ミラーにおける整備(メンテナンス)のポイント

後方を向いているため頻度は少ないですが、飛び石や接触などにより破損する可能性があります。ミラーはいずれも視界確保のために設置されているものですから、視界を損なうような状態になっているならば、速やかに修復する必要があります。鏡面に破損が見られる場合には交換しましょう。