施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のカーディーラー(自動車販売店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトカーディーラー(自動車販売店)リサーチ

カーディーラー情報

自動車の機能「シフトレバー」



ドライバーが自動車を操作する際に用いるもののうち、ハンドルとペダルに次いで操作頻度が高いものが、シフトレバーです。ここではシフトレバーが持つ機能と役割についてご紹介します。

自動車におけるシフトレバーの役割

自動車のトランスミッションを操作するために設置されているものがシフトレバーです。マニュアル・トランスミッション(MT)車の場合はクラッチ・ペダル操作とともにダイレクトにギアを選択し、オートマチック・トランスミッション(AT)車の場合はDレンジを中心として適切なレンジを選択します。また、バック走行を行ないたい場合にもシフトレバーで切り替えを行ないます。右ハンドル車の場合は通常、ドライバーが左手で操作するよう配置されており、フロアから伸びた配置の他、近年ではインパネから伸びている配置のものも増えています。

AT用シフトレバーに用いられる記号

近年の主流であるAT車の場合、その動作によって次のようなアルファベット・記号が記されています。

Dレンジ

自動車を運転する際に用いられるレンジです。「ドライブ」とも呼びます。

Nレンジ

エンジンが生み出したエネルギーを自動車に伝えない状態にしたいときに用いるレンジです。「ニュートラル」とも呼びます。以下に紹介するPレンジの制動力が必要ない場合に選択され、日常的にはあまり用いられません。

Pレンジ

駐車する際に用いられるレンジです。「パーキング」とも呼ばれます。停止しているエンジンとつながり、一定の制動力を伴います。

Rレンジ

バック走行を行ないたい時に選択するレンジです。

Lまたは1・2などの数字

自動車を走行させながら、エンジン・ブレーキを利かせたい場合に選択するレンジです。長い下り坂などを走行する際、フットブレーキのみで長時間の制動を行なっているとブレーキ装置に過度の負担がかかるため、その負担を分散する目的で用いられます。

プラス・マイナス

「シーケンシャル・モード」「スポーツ・モード」「マニュアル・モード」など、自動車メーカーによって様々な呼ばれ方をしますが、AT車であってもMT車のように自由にギアを選択できるというものです。クラッチ・ペダルの操作を必要とせず、任意のギアで走行できます。また、「Lまたは1・2などの数字」のレンジと同様にエンジン・ブレーキのコントロールも行なえます。

中古車を購入する際に注意したいシフトレバーのポイント

前のドライバーが日常的に触れていた部品であるため、汚れや傷などを確認しておきましょう。なお、シフトレバーそのものが破損することは滅多にありません。ただし、シフトレバーの操作方法は自動車メーカーなどによって若干の違いがあるため、これまでと大きく異なる自動車に乗り換える場合は、操作方法について納車時に確認しておくことをおすすめします。

シフトレバーにおける整備(メンテナンス)のポイント

シフトレバーそのものに整備やメンテナンスは必要ありません。ただし、表示されている記号や数字が認識できない状態になっていると車検をクリアできない場合があるため、注意しましょう。