施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のカーディーラー(自動車販売店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトカーディーラー(自動車販売店)リサーチ

カーディーラー情報

自動車の機能「内装」



自動車の内部に施された仕立てを特に「内装」あるいは「自動車内装」と呼びます。ここでは自動車の機能としての内装に注目してご紹介します。

自動車における内装の役割

自動車のデザインを左右する重要な要素として、外装(エクステリア)と並んで内装(インテリア)が挙げられます。その自動車のイメージを演出する目的で各種の装飾がなされる一方で、乗員の快適性や安全性を維持するために様々な工夫が凝らされています。

内装各部位について

自動車の内装に関わる専門用語から、代表的なものをご紹介します。

シート

乗員が着座する座席について、自動車の場合はシートと呼びます。高級車などで多く用いられるレザーで仕立てられたものは、特別にレザー・シートと呼ばれ、他には素材に応じてファブリック・シート、モケット・シートなどと呼ぶことがあります。着座した際の快適性が重視されるのと同時に、走行中の自動車には一定の遠心力が発生することから、その力により乗員の身体が動き過ぎないよう、一定のサポート力が求められています。

ダッシュボード

自動車の内装のうち、車内前方に配置されている部分を総称してダッシュボードと呼びます。しばしば「インパネ」と混同されることがありますが、インパネはメーター類の集合を示すのに対し、ダッシュボードはインパネも含めた全体を指します。エアコンやカーオーディオの操作スイッチが配置されています。

内張り

自動車のボディ内側を内張りと呼びます。通常「内張り」と呼ぶ際は、ドアの内側や屋根の内側も含んでいます。繊維強化プラスチック(FRP)製の素材が用いられる他、床面には生地(ファブリック)が用いられるのが一般的です。また高級車の場合はレザーで飾られる場合もあります。

フロアマット、カーペット

乗員の足元に敷かれるものです。汚れが付きやすいことから取り外しがしやすいようになっており、簡単に洗浄できるようになっています。

中古車を購入する際に注意したい内装のポイント

以前にどのような使われ方をしていたのか、特に表れるのが内装です。展示されている中古車の場合は、販売店によりある程度のクリーニングが行なわれていますが、細かな部分では行き届いていない場合があります。前の持ち主が喫煙者であった場合は内装にタバコの焦げ跡があったり、小さな子どもを乗せていた場合は食品の付着した汚れがあったりするなど、その状態は様々です。購入を具体的に考える際には十分に確認しておきましょう。

内装におけるメンテナンスのポイント

内装は乗員にとってよく目に付く場所であるため、快適なカーライフのためには一定頻度でクリーニングを行なう必要があります。小型の掃除機などを用いて掃除する他、ガソリンスタンドなどでは内装クリーニング用の掃除機が設置されている店舗もあるので、それを利用するのも良いでしょう。またシートの一部が破損した場合や、内装に傷が付いてしまった場合、カー用品店などで販売されているリペアキットを用いることで修復できる場合があります。なお、内装の修復を専門としている業者もあるため、内装を美しく戻したい場合には利用を検討してみましょう。