ご希望のカーディーラー[自動車販売店]情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

マーケットピア
カーディーラー[自動車販売店]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

秋のカーディーラー[自動車販売店]情報

秋のカーディーラー[自動車販売店]に注目!ディーラー車検のメリットや費用について



車検のタイミングが近づくと、どこで車検を受けるか、どのくらい費用がかかるか気になります。実は、秋にカーディーラーに行くと様々なメリットがあるのです。そのメリットについての情報をご紹介します。

カーディーラーで行なわれる秋のイベントをチェックしよう

カーディーラーで行なわれる秋のイベントをチェックしよう

カーディーラーとは、自動車メーカーと契約を結んで車の販売を行なっているお店で、点検やサービスなども充実している場所。カーディーラーには、車について詳しいスタッフが大勢いるため、車の知識が少ない人にとって、頼れる相談相手になってくれます。新車だけではなく、カーディーラーでは中古車の取り扱いも行なっているところもあるため、自分の予算に合わせた車選びが可能です。そして秋は、中間決算にあたる時期であり、車を購入するのにお得な季節で、複数のイベントが催されます。各カーディーラーでのイベントは、子ども向けのイベントから、車をお得に購入できるイベントまで様々です。また、ディーラーフェアというイベントは、通常の店舗ではなく、大きなイベント会場でたくさんの車を展示して行なわれるため、一度に多くの新車や中古車が並びます。さらに、車好きにはたまらないモーターショーの開催時期も秋。日本車だけではなく、海外の自動車メーカーの車も並び、最新の技術を搭載したコンセプトカーなどもたくさん見ることが可能です。

車検をカーディーラーでお願いするメリットとは

車検の時期に近づくと、どこで車検をしてもらうか、毎回悩むという人も多いのではないでしょうか。そこで、安心感のある車検場所のひとつとして選ばれるのがカーディーラーです。その理由は、正規部品で対応してもらえることや車検整備保証があること。さらに、代車が用意されることなど、メリットがたくさんあると言えます。また、車検だけではなく、次回の車検までの無料点検が付いたメンテナンスパックなどが付いている場合も。素人による修理が難しい上に、不備があった場合は重大な事故に直結しやすい乗り物と考えれば、愛車をプロの手で定期的にチェックしてもらうことができる正規カーディーラーは心強い存在と言えます。一方で、カーディーラー以外にも、車検を専門に行なっているお店があり、カー用品店、ガソリンスタンドなどでも対応することが可能。カーディーラーに比べると、短い時間で作業をしてくれるところも多く、気軽に頼めるというメリットがあります。しかし、代車を借りることができなかったり、交換が必要な場合に部品が揃っていなかったりする可能性もあるため、事前に確認が必要です。車に詳しくない人、車検の項目の細かな判断が面倒と感じる人、正規部品対応でしっかりと見てもらいたい人は、カーディーラーに相談することをおすすめします。

ディーラー車検の費用と安くするコツ

車検をするとき、はじめに車を購入したカーディーラーでお願いしたいと思う一方、カーディーラーで車検を受けると値段が高くなると考えている人も少なくありません。そのような場合は、車検前に見積りを取るのはいかがでしょうか。ひとつのディーラーではなく、いくつかのディーラーに見積りを取ってみましょう。費用を比較しながら決めることができます。さらに、カーディーラーの担当者に、費用を抑えたいという意向を伝え、見積りの項目で自分が必要ないと思う項目を削除できるか相談すると良いでしょう。いらない項目があり、削除することで全体の費用を抑えることができる場合もあります。また、車検の1ヵ月前に予約をすることで割引の対象となるディーラーもあるため、早めにディーラーを決定できるよう、3ヵ月前くらいから動くことをおすすめします。

ロード中
ロード中
ロード中

冬に入る前の秋の時点でスタッドレスタイヤの交換を行なうと、突然雪が降った際もスムーズに運転ができます。カーディーラーでは、タイヤの保管サービスも行なっています。

自動車整備士

自動車整備士

カーディーラーを訪れると笑顔で応対してくれるのが営業マン。車に詳しく、その人や家族に合った車を提案・販売してくれます。しかし、カーディーラーは車を販売するだけではありません。販売後のフォローを含めた、車の整備・メンテナンスを行なうのが自動車整備士。彼らもカーディーラーの営業を支えています。

整備士になるには

カーディーラーで自動車整備士として働く際、法的に資格が必要であると決まっている訳ではありません。しかしながら、多くのカーディーラーが資格を持った自動車整備士であることを就職の条件として挙げています。

国家資格である自動車整備士の資格を取得するには、養成学校に通うなどの一定の受験資格を満たした上で、国土交通省が実施する「自動車整備士技能検定」の学科試験、実技試験共に合格しなければなりません。また、整備士の種類は主に一級、二級、三級、特殊整備士の4つに分かれており、カーディーラーに就職したい場合は二級以上の資格が有利となっています。

この検定は年に2回実施。学科試験は夏と秋、実技試験は夏と冬に行なわれており、自動車整備士を目指す人にとって秋の季節は、受験シーズンまっただ中であると言えるでしょう。

カーディーラーでの自動車整備士の仕事

自動車整備士は、問題のある自動車の診断や修理はもちろん、調節や分解、組み立てなど、自動車が安全に走行できるためのメンテナンスを専門的に行なえる技術を持っています。

多くの自動車整備士がカーディーラーや自動車整備工場に勤め、活躍しています。

カーディーラーでの主な仕事と言えば「点検整備」です。自動車は、目に見えたトラブルがなくても走行距離や経年劣化等で徐々に傷んで行きます。事故を未然に防ぐためにも、「車検」や「定期点検」を通して整備を行なっているのです。

また、すでに問題の起きてしまった自動車を整備する「緊急整備」も自動車整備士の大きな仕事です。事故にあった車や急にエンジンがかからなくなった車など、問題箇所を特定し、元通り安全に走れるように整備や修理を行なっています。

また、自動車整備士は車の整備だけが仕事ではありません。自分の持っている専門技術を使って、車の所有者に的確なアドバイスやメンテナンスの説明を行なうことも大切な任務なのです。

車について悩んでいることや疑問に思うことがあれば、気軽に車を購入したカーディーラーの整備士に相談してみましょう。

スタッドレスタイヤの保管

秋になると、カーディーラーはノーマルタイヤからスタッドレスタイヤへの交換業務に大忙し。冬になって雪が降ってから交換するのは危険なため、秋のシーズンに事前に交換することが推奨されています。

しかしタイヤを交換する際、問題になるのがタイヤの保管場所。大きくかさばり重さもあるため自宅に保管をすることが難しい方も多いタイヤ。外に置いておくと盗難が心配です。

そのような方のために、カーディーラーではタイヤを保管するサービスを行なっているところもあります。保管費用はかかりますが、保管する場所探しだけでなく、交換タイヤを車に詰め込みディーラーまで運ぶ手間もなくなるため、手ぶらで交換できるところがうれしいポイント。外したタイヤはしっかり洗浄・乾燥し、ホイールも錆びないように保管してくれます。

マンションなどで自宅に保管する場所がなく困っている方は、この保管サービスを検討してみてはいかがでしょう。


新車を購入する際、ほとんどの人がカーディーラー[自動車販売店]で商談しますが、新車の購入方法はいろいろ選択できるようになりました。残価設定型ローンもそのひとつで、少し先を見据えて利用するにはとても便利な自動車ローンです。

また、新車を購入しないで車検を受ける場合は、カーディーラー[自動車販売店]の自動車検査員がしっかり点検整備をしてくれるので、とても頼りになります。そんな点検整備が行なえる自動車検査員の資格についてもご紹介します。

月々の支払いが楽な残価設定型ローン

月々の支払いが楽な残価設定型ローン

秋は、友だちを誘ってドライブに行きたくなるシーズン。自分の車が新車だったらより一層、楽しいドライブを満喫できます。しかし、新車を買うとなると月々の支払も大変です。そんなときには残価設定型の自動車ローンを利用すると良いでしょう。

残価設定型ローンは、車の購入費用から、3年~5年後の下取り価格を想定して、その想定金額をあらかじめ差し引いた金額でローンが組めます。購入費用を抑えることができ、毎月の支払額も楽になり、使い方によっては、ひとクラス上の車に乗ることもできます。例えば、300万円の新車を買うときに、3年後の下取り価格が120万円で想定されていた場合、残りの180万円で自動車ローンを組むことになります。同じ3年でも300万円と180万円では金利が違ってくるので、月々の支払いがぐんと安くなります。月々のローンの支払いが終わりそうになると、車を買ったカーディーラー[自動車販売店]やローン会社から下取り設定分の金額についての案内があります。案内が来たときに、①新車に買い替える、②車を返す、③自分で車を買い取って乗り続ける、の3つから選択ができます。3年後に新しいモデルが出たり、別の車に乗りたいなど新車に買い替える場合は、車を買ったカーディーラー[自動車販売店]で新しい車に買い替えれば、今乗っている車の残価の支払いが不要になります。生活環境の変化で、車に乗る機会が減ったり、経済状況が変わったりして今乗っている車が不要になったときは、そのまま車を返すこともでき、残価の支払いも不要です。また、乗っている車が好きで、引き続き乗り続けたい場合は、残価を一括払いしたり、残価分の金額を新たな自動車ローンで組むことで、そのまま乗り続けることができます。

計画を持って慎重な購入を

月々の支払いが楽な残価設定型ローンですが、購入時と購入後に注意も必要です。カーディーラー[自動車販売店]によっては、対象車種を限定している店もあり、乗りたい車で残価設定型ローンを組めないこともあります。また、事故や車の状態によって残価が下がることもあります。3年~5年後に車を返すことを前提にした場合は追金を支払わなければなりません。ローン終了後も乗り続けることを前提としていたら、通常の自動車ローンよりも割高になることもあります。

車を購入するときは、こうした残価設定型ローンだけでなく、一般の自動車ローンも視野に入れて考えるようにすることをおすすめします。自動車ローンは支払い回数が多いと、月々の支払額が安くはなりますが、その分金利が上乗せされます。しかし、5年の自動車ローンを組んで3年で返済すれば、金利はその分安くなります。日頃から少額でもいいので返済用の貯金をしておき、賞与などを加えてある程度まとまった頃に残金を支払えば、金利が戻ってくるケースもあります。

車を購入するときは、将来イメージを描くことと、計画性が必要になってきますので、慎重に考えましょう。

自動車検査員

車には車検制度があり、初年度は購入後から3年後、それ以降は2年ごとに車検を受けなければなりません。一般的には、車を購入したカーディラー(自動車販売店)で車検を受けることが多いため、車検を行なう自動車検査員を配備しているカーディラー(自動車販売店)が多くあります。自動車検査員は、点検整備した車が道路運送車両の保安基準に適合しているかどうかを判断する役割を持つ人で、国家資格者に限定されます。車検は本来、国の自動車検査官が実施する検査ですが、自動車検査員はこれを代行して検査を行ない、車検保安適合証の証明や指定整備記録簿に検査結果を記載します。そのため、自動車検査官と同等の知識と技能が求められ、二級自動車整備士資格を取得し、整備主任者としての実務経験を持っている人でないと自動車検査員の資格を取ることができません。

自動車検査員の資格を取るには資格条件を満たして、実際に整備事業に従事している人、あるいは勤務を予定している人が教習試問を受講し、所定の試験に合格することが必要です。合格者には自動車検査員教習修了証が交付され、これによって自動車検査員としての業務に就くことができます。自動車検査員教習修了証は毎年9月と3月の年2回で、秋には新人の自動車検査員も誕生します。

車検は車の定期健康診断です。そして自動車検査員は車の健康を診るドクターとなります。安心な車で安全なドライブを心がけましょう。


いよいよ秋の行楽シーズンが到来。旅行やドライブへ行く前には、車のチェックやメンテナンスを必ずしておきましょう。特に、エンジン機能を発揮させるエンジンオイルやバッテリー、ランプ類の点検・交換は重要です。しっかりチェックして、旅行先で車のトラブルがないようにしましょう。

エンジンオイルの交換

エンジンオイルの交換

秋は気候がいいので、旅行やドライブなど出掛けることも多くなり、長い距離を走ることも増えます。楽しい旅行やドライブにするためにも、事前に車のエンジンオイルをチェックしておきましょう。普段は、買い物や子どもの送り迎えなど、近距離しか走っていなくても、毎日乗ると意外に距離を走っている場合もあります。

エンジンオイルは、エンジンがスムーズにその機能を果たすようにする役割を持っています。車のエンジンは多くの金属部品でできており、部品と部品の間にエンジンオイルが浸透することで、金属同士の摩耗を和らげてくれます。エンジンオイルは、言わば車の血液のようなもので、汚れたドロドロのエンジンオイルを使い続けていると、エンジン機能を低下させ、故障したり、最悪事故に繋がったりしてしまう可能性もあります。車の機能を維持させるためにも、エンジンオイルの定期交換は必ず行ないましょう。

また、エンジンオイルは走行しているうちに徐々に消費されてしまうため、エンジンオイルの量も同時にチェックする必要があります。エンジンルーム内のオイルゲージを抜き取って、一度ウエスや布で拭き取り、もとに戻します。再びオイルゲージを抜き取って先端をチェックします。上限ラインと下限ラインの間にオイルが付着していれば問題ありませんが、下限ライン付近であれば量が減っていることになります。この場合も交換するか、エンジンオイルを足して十分な量にしてもらいましょう。

エンジンオイルの交換時期は、クルマの種類や使用状況によって異なるため、車両の取扱い説明書をまず確認してみましょう。一般的には、ガソリン車や軽自動車の乗用車であれば10,000~15,000km、または1年が目安です。ターボやスーパーチャージャーなど過給機が付いたエンジンでは負荷が高いため、5,000kmまたは6ヵ月を目安に交換したほうが良いでしょう。

また、エンジンオイルの交換時には、オイルフィルターも交換する必要があります。オイルフィルターは、エンジンオイルに混じった不純物をろ過する役目があり、長期間使っていると、目詰まりなどを起こして不純物を除去できなくなります。交換の目安は、エンジンオイル交換2回に1回です。

ランプのチェック

ランプのチェック

9月のお彼岸を過ぎた頃から、昼間の時間がだんだん短くなります。晩秋にもなると、陽が落ちてすぐ真っ暗になるので、自動車のライトをつける時間が長くなります。この時期によく見かけるのが、ランプ類の球切れです。テールランプやブレーキランプ、バックランプなどが切れていると、整備不良車として運転ができなくなります。特に、ヘッドライトの球切れは、重大な事故を起こす可能性がありますので、乗る前に必ずチェックしましょう。

チェック方法は、ヘッドライト、スモールランプ、ウインカーなど、すべてのランプ類のスイッチを操作して、確実に点灯・点滅しているかを車外から確認します。ブレーキランプとバックランプは、壁や塀などに近づけてブレーキペダルを踏んだ時に壁面に映った明るさを確認します。併せてレンズの汚れや損傷もチェックするようにしましょう。電球が切れていたり、レンズが損傷していたら、カーディーラーで交換するようにします。

ヘッドライトは、車の前面を照らすだけでなく、対向車や歩行者に自分の車の存在を知らせる役目もありますので、球切れで片方しか点いてなかったりすると大変危険です。ヘッドライトは長年使っていると、レンズが黄ばんだり白濁してくすんだようになります。こうした状態の時は、カーディーラーでレンズ部分を磨くか交換してもらい、適切な明るさを確保するようにしましょう。また、電球自体に寿命が来て、十分な光を発しない場合も電球を交換してもらいましょう。

車のボディに装着されているランプ類は、どれも安全運転にかかわるものです。車のメンテナンスをすることは、自分の命を守るということに繋がります。定期的に車のメンテナンスを行ない、楽しい旅行やドライブにしましょう。