ご希望のカーディーラー[自動車販売店]情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

マーケットピア
カーディーラー[自動車販売店]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

カーディーラー[自動車販売店]情報(春)

春のディーラーセールを利用してお得に車を購入しよう!



生活環境ががらりと変化する人も多い春。新しい環境に合わせて、車が必要になる場合もあります。多くのカーディーラーでは、春限定のお得なセールを開催。春のディーラーセールを上手に利用して、お得に車を手に入れましょう。

車が必要な春にディーラーをチェック

車が必要な春にディーラーをチェック

春は進学や就職など、新生活が始まる季節です。通勤や通学で車が必要になる人が多く、車が売れやすい時期と言えます。そのため新車・中古車問わず、多くのカーディーラーが、フレッシャーズ応援セールなどの春のセールを開催。期間限定で金利を下げたり、カタログギフトなどの特典を付けたりと、セールならではのサービスを行なっています。春のセールを利用する場合に気を付けたいのが、購入する時期です。

春からの通勤やゴールデンウィーク中の遠出など、車が必要な場面が決まっていて、それまでに車を準備したいという人は、3月上旬など早めの時期に購入するのがおすすめ。なぜなら、車は購入してからすぐに納品されるわけではないからです。まず車を購入してから必要書類を提出し、登録手続きを行なう必要があり、この登録が完了するまでに10日以上はかかります。さらに新車で受注生産の場合、納車までに1週間から、長ければ1ヵ月かかるのが一般的。中古車の場合でも、点検や整備で1~2週間はかかることを想定しましょう。

ディーラーで車を選ぶ前に必要なこと

春のディーラーセールで実際に車を選ぶ前に、車の使い方や予算をあらかじめ考えておきましょう。まずは通勤や通学に使用するのか、それとも土日の外出時のみ使用するのかなど、車に乗るシーンを想定しておきます。春からの通勤や通学に使用する場合は、自宅や職場、学校の周辺の交通事情も確認しておくと安心。もし狭い道や駐車場が多い環境であれば、小回りのきく車の方が良い場合もあります。また、低燃費の車も多く出ているので、車の用途に合わせて、どの程度の燃費が良いかも検討しておきましょう。運転するのは主に自分だけか、他の家族が運転することもあるのかなども、あらかじめ家族で話し合っておくのがおすすめです。

予算は年収とのバランスも考えて、「この金額まで」という目安を決めておきましょう。予算を決めるときに忘れてはならないのが、車を購入する上で発生する諸費用。車の登録代行費用や自動車所得税など様々な諸経費がかかり、多くの場合、車本体の価格より1~2割増しの金額が必要になります。任意自動車保険や自動車税、ガソリン代など、購入後にかかる車の維持費も、あらかじめ算出しておくと安心です。

ディーラーで車選びをするコツをご紹介

カーディーラーで車を選ぶ場合は、まず車のサイズなどをある程度絞っておきましょう。初心者で車の運転や駐車に不安がある場合は、コンパクトカーや軽自動車など、小回りがきいて駐車もしやすい車種が安心です。子どもが小さく、家族3~4人で乗るというのであれば、コンパクトカーがおすすめ。コンパクトカーの中には、車内にゆとりのあるタイプや、床が低く子どもが乗り降りしやすいタイプなど、ファミリー向けの車種も多数出ており、お母さんが子連れで買い物に行くときなど、何かと使えて便利です。子どもが小学生以上の場合や、乗車人数が多い場合は、車内が広いミニバンやワゴンタイプがおすすめ。子どもが小さい家庭でも、長く乗ることを見越して、初めから大きめの車種にするという選択肢もあります。

もし欲しい車がすでに決まっていても、すぐに購入しないのが、賢く車を手に入れるコツ。最初からその1台を購入することが営業マンに分かってしまうと、それ以上の値引きがあまり期待できない場合があるからです。春に購入する予定なら2月中には下見を始めるなど、早いうちからいくつかのメーカーを回って、見積もりをもらっておくのがおすすめ。いくつか購入候補があることをお店で伝えて、上手な値引き交渉に繋げましょう。また、ゆったりとしているか、また視野確認や操作性など、試乗しないと分からない特徴もあるので、購入前に1度は試乗しておくことをおすすめします。

ロード中
ロード中
ロード中

春は気分一新、新しいことを始めるのにぴったりな季節。新生活とともに車が必要になる方もおられることでしょう。車を購入するならカーディーラーがおすすめ。各自動車メーカーでは様々な車種を販売しているので好みのデザインやライフスタイルに合わせた車をじっくりと選ぶことができます。

春のカーディーラー 車選びのポイント

春のカーディーラー 車選びのポイント

車を購入することが決まれば、新車か中古車かについて迷う方も多いのではないでしょうか。新車であれ中古車であれ、自分らしい車を見付けたいもの。ご自身がどのような車を求めているのかに応じて、それに適したところで購入したいと考える方が多いでしょう。そこで、車選びのポイントをご紹介します。

新車のメリット・デメリット

新車の大きなメリットは、自分流にカスタマイズできること。自分の好きなカラーやオプションなどの装備が選択できます。こだわりが強い程、価格は高くなりますが、自分仕様の車を購入できるのは、新車の大きな魅力です。修理やアフターサービスもカーディーラーに任せることができるので安心感もあります。デメリットは、中古車に比べて選択肢が少ないこと。新車は、生産が終了すると買うことができないためです。なお、新車の納車にはオプションを付けたり、車検を通したりするため1ヵ月程かかります。

中古車のメリット・デメリット

中古車のメリットは、第一に価格が安いこと。同じ金額でも、新車を購入するよりハイグレードな車が買えることもあります。新車より選択肢が広いので、街で見かけて乗りたいと思った車や、年式が古くても自分好みの車を選ぶことが可能。自動車所得税も新車と比べて安く、そのため買い替えがしやすいのも魅力です。納車も新車より早いことがほとんどです。

デメリットは、新車よりも故障の不安がつきまとうこと。安く購入できたものの車の状態によってはメンテナンス費用がかかり、維持費が高額になる場合もあります。また、車検の有効期間が残り少ない場合はすぐに車検を受けなくてはなりません。中古車を買うときは、年式が古くてもメンテナンスが行き届いているか、走行距離がどのくらいか、事故歴や修復歴も確認するようにしましょう。

カーディーラーの仕事

毎日自動車と接することができるのが、カーディーラーの仕事。働く主な職種は、顧客に自動車を勧める営業スタッフと、メンテナンスや車検の対応をする整備士に分けられます。いずれも自動車が好きな人にとっては、とても魅力的な仕事です。春にカーディーラーへの就職を考えている人は、あらかじめ職種の違いを知っておきましょう。

営業スタッフ

カーディーラーの顔とも言える営業スタッフ。来店したお客様に車を勧める以外にも、企業や個人宅をまわって営業することもあります。自動車は家の次に大きな買い物と言われるように、自動車の商談には日月を要することがほとんど。マメに足を運んで電話フォローをするなどして、顧客と信頼関係を築き上げていくことが大切です。

新車を購入した人へのアフターフォローも大切な仕事。車好きな人はもちろんですが、人と接することが好きな人には大きな喜びを感じる仕事と言えます。カーディーラーの営業に特別な資格は必要ありませんが、車に詳しければお客様の会話も弾み、車への情熱も伝わりやすくなります。

整備士

自動車整備士には国家資格が必要。自動車のメンテナンスや修理を行なうのが自動車整備士の主な仕事です。自動車を安全に快適に走行させ、事故を未然に防ぐための重要な役割を担っています。目に見えるトラブルではなくても、自動車は年数が経過したり、走行距離が長くなると少しずつ劣化したりします。定期的に点検を行なう「車検」は代表的な仕事。

他にも、突然エンジンがかからなくなったり、衝突事故などによって車体が破損してしまったりした場合などの整備・修理を行なうのも仕事。自動車を直すことはもちろん、顧客の要望によって、カーナビなどのオプションを設置したり、装飾したりすることもあります。

注目のエコカー!電気自動車

排出ガスを出さないクリーンなエコカーとして、カーディーラーでも人気が高まっている電気自動車。電気自動車誕生の歴史やメリット、人気の車種などについてご紹介します。

電気自動車とは

「EV(Electric Vehicle)」とも呼ばれる電気自動車。100%電気で走るため、走行音が静かで、二酸化炭素を一切排出しないというのが最大のメリットです。また、維持費はガソリン代よりも低く抑えられます。ただ、電気自動車はハイブリッドカーとは違い、ガソリンが使えない分、充電がなくなると走行できなくなります。

電気自動車の充電

充電スタンドはガソリンスタンド程、普及していませんが、道の駅や高速道路などでも充電設備を見かけるようになりました。最近はマンションなどの駐車場に電気自動車の充電設備を設置していることが増えていますが、一戸建てにお住いの場合、充電設備を設置する必要があります。

充電設備の規格は大きく分けて30分で充電できる「急速充電設備」と、4時間から7時間かけて充電できる「普通充電器」。「急速充電設備」は大型で高額なため、自宅に設置するのは「普通充電器」が最適。深夜電力で充電すれば、さらに電気代を安く抑えられます。

電気自動車の歴史

電気自動車は次世代の乗り物、という印象が強いかもしれませんが、1830年代にはスコットランド人によってその原型が生まれ、1873年(明治6年)には実用的な電気自動車が製造されています。ガソリン車が製造されたのは1880年代以降なので、実は電気自動車の方が歴史は古いのです。1899年(明治32年)には、最高時速100㎞を超える電気のレースカーも登場し、かのトーマス・エジソンも電気自動車を製作していた程。その当時から発展を期待された自動車でした。

しかし電気自動車の航続距離(満充電で走れる距離)が数㎞程度であったため、ガソリン車が普及。日本では第二次世界大戦のガソリン不足などで、電気自動車が一時的に復活しましたが、「航続距離が短い」、「家庭で充電し難い」などの問題もあり、結局、普及しませんでした。2000年代に入って地球温暖化問題が深刻化し、2009年(平成21年)より業務用電気自動車の発売がスタート。2010年(平成22年)には一般向け電気自動車が販売されています。


春になって暖かくなってきたらお出かけしたくなるシーズンです。そうなるとお出かけに車を利用する人は、冬仕様にしていた車を春・夏仕様に変える必要がでてきます。そんなときにも頼りになるのが自動車ディーラーです。

ディーラーでタイヤ交換

ディーラーでタイヤ交換

凍結や積雪が起こりうる寒い冬。寒冷地在住の方はもちろんのこと、社用車やウィンタースポーツを興じる方は、冬用のスタッドレスタイヤからノーマルタイヤに交換する必要があります。

その際、自分で取り替える方以外は、主にガソリンスタンドやカー用品店などにお願いするケースがほとんどと思われますが、実はカーディーラーでもタイヤ交換の受付をしているのです。

カーディーラーでタイヤ交換をするメリット

カーディーラーは、車を購入したり、購入した車の点検や車検を受たりするとき以外は訪れる機会がありません。

車検や点検、オイル交換なども、近年は比較的安価で作業を行なってくれるカー用品店などが増加していることもあり、ディーラー離れしている人も。しかし実際にディーラーに見積もりを立ててもらうと、カー用品店やガソリンスタンドと料金が大差ないことも。多少の差額があった場合でも、安心という面ではやはりカーディーラーにお願いをする方がオススメです。

さらにカー用品店のように店舗に出向いてから順番待ちをする必要はなく、事前に日時を予約できるため、待ち時間もそれ程ありません。しかも待っている間には飲み物のサービスもあり、もし運良くキャンペーンやイベントの開催中であれば、グッズをプレゼントされたりする場合などもあります。さらに多くのカーディーラーにはキッズスペースが設けてあるため、子ども連れの家族にも嬉しいです。

下回りの汚れをチェック

冬の高速道路や山間部などでは、道路の凍結防止剤である塩化カルシウムが散布されます。道路の凍結を防止してくれるありがたい薬品ですが、実は車体がこの塩化カルシウムに触れると車の下周りに錆が発生する原因となってしまうのです。冬期は仕方ないと諦めるしかありませんが、春になってもずっとそのままにしておかずに、しっかりと洗浄することをおすすめします。自宅に高圧洗浄機などがあれば利用できますが下回りに入り込んで洗うのはなかなか大変な作業。しっかりと塩化カルシウムが落ちているかの判断は困難です。

そんなときは、プロにお願いするという選択肢もあります。ディーラーでもカーケアの一部として、下回りの洗浄を行なっているところがあります。車をリフトで上げてしっかりと高圧洗浄をしてくれますが、アンダーコートと呼ばれる塩害対策塗装をお願いすれば、次の冬も安心して運転ができます。

メンテナンスパックを利用しよう

各ディーラーでは、安全に快適なカーライフを過ごすために車の購入後も点検・メンテナンスをしてくれるお得な「メンテナンスパック」というサービスがあります。

大抵のディーラーでは1ヵ月と6ヵ月の無料点検が付いてきますが、その後は車検まで点検の機会がありません。その間、点検しないと思わぬトラブルが事故に繋がることもあります。例えば、ヘッドライトが片方球切れになっていることに気付かないで走行している車は夜道で二輪車に間違われることもありますし、ブレーキランプが切れている場合は後ろの車から追突される恐れも。さらに、車のエンジンを良い状態で保つためには定期的なオイル交換やオイルフィルターの交換も必要です。ディーラーのメンテナンスパックに入っておけば、適切な時期にオイル交換ができますし、万が一故障や劣化が見つかった場合にはお得な価格で部品を交換してもらえるケースもあります。大切な人の命を乗せて走る車だからこそ、いつも万全な状態にしておきたいものです。


春は車の新規購入や買い換えが多い季節です。そのため、車検もこの時期に集中します。任意自動車保険の加入と併せて、点検整備を実施しましょう。

車検

車検

春は車検を迎える車が多い時期とされています。新しく運転免許を取って車を購入したり、自動車税が確定する前に買い換えたりするのが3月に多いため、必然的に春に車検を迎える車が多くなります。

車検の正式名称は「自動車検査登録制度」と言い、自動車や排気量が250ccを超えるバイクには、保安基準に適合しているかを確認するために課せられます。一般的にはカーディーラーや整備工場などで行なうことが多く、早ければ半日程度で済むこともあります。自家用の乗用車、軽自動車は初回が3年後、以降は2年ごとに車検を受けなければなりません。車検を受けるには、自動車検査証(車検証)、自動車納税証明書、自動車損害賠償責任(自賠責)保険証が必要となります。

カーディーラーでは、検査項目をチェックするチェックシートを用意し、それに準じて不具合や消耗度を調べます。不具合がある、消耗が激しい部品はその場で交換し、検査を通します。

検査に合格すると、自動車検査証と検査標章が交付されます。検査証票はフロントガラス上部の見える位置に貼らなければなりません。

また、自動車損害賠償責任保険証は、車検と同時期に更新(継続)するのが一般的です。加入していないと車検にも通らないため、注意しましょう。

任意自動車保険

任意自動車保険

自動車を運転する場合、任意の自動車保険に加入していると、万一のときに安心です。通常は車を購入したときに加入する場合が多いため、新車販売が多いこの時期は、保険の加入件数も増えます。また、買い換えの場合は更新時期となります。任意自動車保険は加入の義務はありませんが、万一事故を起こして相手を傷つけても、保険会社が補償して、経済的な負担を最低限に抑えられます。カーディーラーでも自動車保険を取り扱っていますので、購入と同時に加入するようにしましょう。

自動車保険には様々なプランがあり、目的用途に合わせて選ぶようにします。対人・対物、搭乗者などの基本的な保険から、事故を起こしたときのロードサービスの無料対応、代車の手配、弁護士費用の補償など、豊富なサービスがあります。プランも初心者ドライバーからベテランドライバーまで幅広く網羅しており、最適なものをカーディーラーのカーアドバイザーや担当者が教えてくれます。

保険料は、プランの内容をはじめ、車種、年齢、運転歴、車の利用頻度などで大きく異なります。また、初めて加入する人は、最初の保険料が高くなりますが、事故を起こさず、保険が使われなければ、年々保険料が割引されていきます。この他にも、走行距離や、ゴールド免許など様々な割引や特典がありますので、相談してみるのも良いでしょう。そして、できるだけ保険を使わないように、安全運転を心がけましょう。