ご希望のカーディーラー[自動車販売店]情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

マーケットピア
カーディーラー[自動車販売店]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

夏のカーディーラー[自動車販売店]情報

カーディーラーで見つけよう!夏のアウトドア向け車選びのポイント



夏と言えば、海水浴やキャンプ、バーベキューなど、アウトドアで楽しめるイベントがめじろ押しのシーズンです。家族や友人たちと遠出したりすることも多いこの時期に、欠かせないアイテムのひとつが車。今回は、カーディーラーに立ち寄った際、見ておきたいアウトドア向きの車選びポイントをご紹介します。

カーディーラーで荷物がたくさん積める車を選ぼう!

カーディーラーで荷物がたくさん積める車を選ぼう!

海水浴やキャンプなど、夏のお出かけは、何かと荷物が多くなるものです。特に移動手段である車は、快適なアウトドアを楽しむための重要なアイテムのひとつ。カーディーラーにて車を選ぶ際は、ポイントをしっかりおさえて検討しましょう。

アウトドアでは、たくさんの荷物が車に載せられるかどうかは、車選びの重要なポイントです。荷物を置くスペースが確保できていないと、人が乗るスペースが狭くなり快適に移動できません。

家族や友人たちとのお出かけは、人数が多くなると、それだけでもスペースを取られてしまいます。パラソルやテントなど、大きな荷物の場合、座席にまで荷物がせり出し、圧迫感を覚えてしまうこともあるので、車選びには荷物の積載量だけではなく、天井の高さや出し入れのしやすさなども、しっかり考慮することが必要です。

また、後部座席がフラットになったり、畳めたりするタイプを選べば、荷物がたくさん積めるだけではなく、長時間の移動も快適に過ごすことが可能。カーディーラーに立ち寄った際は、家族の人数や荷物の積載量などを把握して、スペースに余裕のある車を選びましょう。

カーディーラーで見ておくべき、アウトドア車の仕様や装備をチェック

キャンプやバーベキューなど夏のアウトドアに出かければ、当然のように土や砂が車内に持ち込まれてしまいます。海水浴で濡れたサンダルや泥だらけの靴などで車の中が泥だらけになるのは、あまり気持ちの良いものではありません。

特に小さいお子さんのいる家庭では、車内で着替えさせたりする際、座席シートが濡れたり、泥が付いてしまったりすることも多々あります。カーディーラーでアウトドア車を選ぶ際は、車内や座席シートに、防水仕様が施された丈夫な素材が採用されている車かどうかがポイントです。そのような素材は、雪にも強く冬シーズンでも大活躍し、濡れた部分は、タオルで拭くだけで簡単にきれいになるので、シミなどの心配もありません。

また、悪路や山道などを通ることがあれば、車高が低い車の場合、車の底部分を傷つけてしまったり、故障したりして動かなくなることもあります。坂道や雨でぬかるんだ道だと、タイヤを取られやすくなり、そのままはまって抜け出すのに苦労したという人もいます。

車選びの際は、車体の高さや駆動方式などをしっかり検討しましょう。車高の目安は、最低でも地上の高さから20センチ以上ある車種がおすすめです。車高が高い車は走破性も良く、4輪駆動車なら路面の状態が悪くても走行に有利なので安心して運転でき、雪道や坂道などにも適しているのであらゆるシーンで活躍してくれます。

カーディーラーでアウトドアにおすすめの車を聞こう

アウトドア車を選ぶポイントをおさえたら、次はどの車種にするかを決めていきます。アウトドア以外の生活シーンについても、どれくらいの頻度で使うのかなどを確認しておきましょう。

アウトドア車の中でも、夏のレジャーにおすすめしたい4WD(4輪駆動)タイプにはミニバンやSUV車があり、どちらを選ぶかが迷うポイントです。

特にミニバンは、レジャーシーンだけではなく、普段のお出かけにも活躍してくれるところが魅力的な車種で、広々とした車内は、4人以上の家族がいる人にとって最適の車と言えます。スライドドアやキーレスタイプなど、便利な機能が搭載されている物も多くあり、ファミリーカーとしての性能がとても高い人気の車種。

一方、SUV車は主にスポーツ用としての機能に特化しています。悪路でもパワーを最大限に発揮し、安定した走りが魅力です。ミニバンとは違い、少人数のお出かけにおすすめの車種ですが、車高が高く、立体駐車場に停められないこともあるので、普段の生活シーンにおいては扱いにくいこともあります。

しかし、車高が高いぶん、上から見下ろせるようになるため、身長が低い人でも遠くまで幅広く見渡すことができ、安全運転に繋がるということがメリットです。

このように、ひとくちにアウトドア車と言っても、様々な車種があります。どれにするか迷ったときは、カーディーラーで相談するのがおすすめ。それぞれの車種の特徴を事前に把握した上で、実際に試乗して使い勝手を確かめてみると、よりイメージが膨らみ、選びやすくなります。

ロード中
ロード中
ロード中

自動車メーカーにかかわらず、多くのカーディーラーが店内にキッズスペースを設置しているのをご存知でしょうか?これは土日や夏休み期間中などに家族全員で来店するファミリー層を想定してのサービスで、実際に夏場のカーディーラーには家族連れが多く来店。そのため夏休み期間を中心にイベントを実施しているカーディーラーが多く、こういった期間中は来店した子ども向けにノベルティをプレゼントしていることもあります。

キッズが楽しめる空間づくり

キッズが楽しめる空間づくり

カーディーラーではママ世代の女性客が訪れやすい店舗づくりに取り組んでおり、お子さん連れで来店する母親や家族が、安心して車を選べるようにキッズスペースが設けられています。キッズスペースそのものは以前から導入しているカーディーラーが多かったものの、以前は商談の邪魔にならないようにと店舗の隅などの空間を利用して設置していました。しかし、保護者の安心が考慮されるようになり、目が届きやすいことを重視し、比較的目立つ場所に設置されるケースが増えています。

中にはファミリー向けに商談用テーブルのすぐ脇にキッズスペースを置いているカーディーラーもあり、こういった設置だと小さなお子さんでも目が届く場所で遊ばせておくことが可能です。キッズスペースに置かれているおもちゃも塗り絵やブロック、絵本などの知育玩具が多く、スタッフがこまめに除菌や清掃を行なっているので清潔感が保たれています。このようにキッズスペースが充実したこともあり、子ども連れで来店する消費者が増加。特にファミリー向けの車を扱っている販売店では、このように子どもを持つ女性が来店しやすいようなサービスに力を入れています。

夏休み期間中のイベント

学校が夏休みとなっている期間中には、親子で参加できるイベントを実施しているカーディーラーが数多くあります。このようなイベントを行なうのは新規の来店が目的というよりも、既存客や見込み客とカーディーラーとの絆づくりを目的にしていることが多く、レジャー感覚で親子一緒に参加できるものを中心に開催。イベントを通じて販売店そのものに親近感や愛着を持ってもらうことが将来的な顧客の獲得にも繋がる可能性があるため、どの販売店もそれぞれ工夫を凝らしています。

例えば、子どもに職業体験的な場を提供したり、親子で取り組める工作を行なったりする他、似顔絵師やマジシャンといったパフォーマーを招くなど内容は様々ですが、基本的に無料で参加できるのが魅力。こういったイベントは新聞の折込チラシやカーディーラーのホームページなどで事前に告知されるため、こまめにチェックをしておくことをおすすめします。

キッズ向けノベルティ

来店者に無料でプレゼントするノベルティは基本的には各カーディーラーが独自に選んでいることが多く、特に夏休み期間中は家族連れでの来店を見込むことから、子ども向けノベルティが充実する傾向にあります。子ども向けのノベルティには、ミニカーやお菓子の詰め合わせといった定番の品はもちろん、特に夏場は子どもの夏休みの自由研究にも使える工作セットやペーパークラフトをプレゼントしているカーディーラーも。このような工作系のノベルティは商談中に作って遊ぶことができる点でも人気となっています。

また、夏休み中はキッズ対象の抽選会などを実施している販売店もあるので、家族で訪れても楽しめる工夫があちこちに。なお、一般的にノベルティは車関係のグッズや洗剤、タオル、ティッシュペーパーといった日用品が中心ですが、とりわけ高級車を扱っている自動車メーカーの場合にはノベルティそのものに価値がつくこともあり、特定メーカーのノベルティを収集しているマニアも多数存在しています。


愛車の買い替えや点検など、安全に車に乗るためのサポートをしてくれるカーディーラー。気温が上がる夏場はクーラーやバッテリーにトラブルが起きやすいので、暑くなる前にカーディーラーでメンテナンスをしておくと安心です。

バッテリーのチェック

バッテリーのチェック

車のバッテリーには温度変化に弱いという特徴があるため、真冬の寒い時期や気温が高い夏場にはバッテリーが上がってしまうことがあります。実際にJAFでも夏場に多いトラブルのひとつにバッテリー上がりが指摘されており、特に炎天下の高速道路などで渋滞に巻き込まれたときなどは注意が必要です。

バッテリー上がりは一般的にライトの点けっぱなしなどが原因で起こりますが、夏場に多いのはエアコンが理由のケースです。車のエアコンは送風ファンを電気モーターによって回転させるため、かなりの電力を必要とするので、上記に挙げた炎天下での渋滞以外にも、駐車しながら車内で待機しているときにエアコンを稼働させている場合にもバッテリーが上がりやすくなります。

夏のバッテリートラブルを防ぐにはエアコンの設定温度や風量を控えめにするのが効果的ですが、基本的にバッテリーやオイルネーターが正常な状態であれば2、3時間でバッテリーが上がることはまずありません。バッテリー上がりを起こす場合はバッテリーそのものが弱っていることが多いため、旅行やレジャーで遠方に出掛ける前に、カーディーラーでバッテリーが弱っていないかチェックをしておくと安心です。

車のコーティング

車の塗装は暑さに弱く、特に手入れをせずに乗り続けていると色が褪せてくることがあります。大切な愛車をいつまでも美しい状態で乗るためには、夏場に車のお手入れを見直してみましょう。まず重要なのは、可能ならば日の当たらない屋内のガレージに駐車をすることです。もし自宅のガレージに屋根がない場合は、長期間車に乗らない際にはカバーを掛けておくなど、日差しから車そのものを守る工夫をした方が良いでしょう。

また、カーディーラーで行なってくれるのが、車本体をコーティングしてくれるサービスです。特殊なコート剤によって汚れや熱から車を守ってくれるため、コーティングをするとしないとでは数年後の車の見た目に大きな違いが出ます。こういったサービスは有料になるものの、カーディーラーによってはメンテナンスなどをまとめて受けられるお得なセットやクーポンを販売しているので、一度いつも行っているディーラーで確認してみましょう。

カーディーラーの受付

車の購入などでカーディーラーのショールームを訪れた際、最初に対応してくれるのが受付の女性です。時代を問わず女性の人気職種に挙げられる、受付や受付事務の仕事。実際にカーディーラーの受付はどのような仕事をしているのでしょうか。

ショールームの受付の仕事で最初に思い浮かぶのは、来店されたお客さまを席までご案内し、飲み物を提供する業務。しかしこれは、見えている仕事のほんの一部に過ぎず、実際は事務や雑用なども業務内容に含まれます。

顧客から掛かってくる電話の対応や新車登録のデータ入力、車を購入したお客さまへのお礼状作成や車検の案内のダイレクトメールの用意なども大切な業務。他にもショールーム内にキッズスペースを作るといった「職場の環境づくり」に携わる場合もあります。

お客さまへの接客とともに、営業担当者や整備士へのサポートも、受付職には求められます。そのため、気配りができたり、自ら考えて行動できたり、接客が好きな人に向いている仕事とも言えるでしょう。一見華やかな印象のある受付業務ですが、実際は目で見るよりもはるかに大変です。しかし、気配りや全体を把握する能力を養うことができる職種でもあるため、非常にやりがいのある仕事だと言えます。


汗ばむ時期になると、カーエアコンの使用が増えます。特に、雨の日ではフロントガラスの曇り止めにも欠かせません。夏本番を前にカーディーラーでカーエアコンのチェックをしましょう。カーディーラーでは整備士が不具合などをきちんと見てくれます。その技術は国家資格によって証明されています。夏には自動車整備士の国家試験が行なわれ、新たなスキルを持った整備士が誕生します。

カーエアコンのチェック

カーエアコンのチェック

夏はカーエアコンがフル稼動する季節です。梅雨時はフロントガラスのくもり止めのために、真夏は車内を冷やして快適な空間にするためにと、カーエアコンは欠かせない装備品です。長い期間使っていないと暑い日にエアコンが効かなかったり、嫌なニオイがするなど、使い始めのこの時期はカーエアコンのトラブルも多いようです。異常があればカーディーラーでチェックしてもらいましょう。

暑い日にエアコンが効かない場合は、冷媒ガスが減って、コンプレッサーがエアコン内の圧力を十分に上げることができないケースが多いようです。圧力が上がらないと外気との温度差に開きがあるのでコンデンサーで冷却できなくなります。カーエアコンはエバポレーター、コンプレッサー、コンデンサーがゴムホースなど繋がっており、その中に冷媒ガスが密閉されていますが、走行によって常時振動があると次第に締結部や部品に亀裂が入り、ガス漏れを起こすことがあります。ガスの量を見てもらい、減っていたときはガス漏れがないかをチェックしてもらいましょう。

また、カーエアコンのスイッチを入れたときにニオイがする場合は、フィルターやエバポレーターが汚れていることが大きな原因です。カーエアコンの冷気は、外気を取り入れて冷やしているため、チリやホコリ、泥などが混じります。これら不純物をフィルターでろ過してきれいな空気を送り込むため、フィルターに不純物が蓄積すると、雑菌やカビが繁殖して嫌なニオイを発します。また、液化した冷媒ガスを気化する役目を持つエバポレーターは、カビやタバコの煙が付着しやすい場所です。ニオイのもととなるエバポレーターをきれいに洗浄してもらうことで、爽やかな冷気が送り込まれます。

カーエアコンの上手な使い方としては、効き過ぎで寒いと感じたら、ファンの強弱で風量をコントロールすることが多いようですが、オートエアコンの場合、コンプレッサーが必要な温度に応じて稼働するため、風の強弱よりも設定温度で調整したほうがコンプレッサーの無駄な動きが減って効率が良くなり、エンジンのパワーロスも少なくなります。

自動車整備士国家試験

自動車整備士国家試験

カーディーラーで車の整備や修理をする自動車整備士は国家資格ですが、夏にはその資格を取得するための自動車整備士国家試験が実施されます。自動車整備士には1級から3級まであり、2級と3級はガソリン自動車整備士、ディーゼル自動車整備士、二輪自動車整備士、自動車シャシ整備士に分かれています。この他に、タイヤや電気装置、車体を専門に扱う特殊整備士があります。なお、1級は現在、小型自動車整備士しか行なわれていません。

試験内容は、学科試験と実技試験に分かれており、7月下旬頃に学科試験が行なわれ、それに合格した者が8月中旬頃に実施される実技試験を受験することができます。受験資格は、それぞれ実務経験が必要で、いきなり1級や2級の試験を受けることはできません。また、1級と2級は受検の分野ごとに最低限の点数が決められているため、トータルで合格点を満たしていても、ひとつでも合格点に達していない分野があると不合格となります。国土交通省の国家試験を合格する以外にも、一般社団法人日本自動車整備振興会連合会が実施する登録試験を合格した者は、国家試験が免除されます。

2級自動車整備士の資格を取得すると、車の整備はもちろん、車検を受けた車が保安基準に適合しているかをチェックする整備主任者や自動車検査員の資格も得ることができます。カーディーラーの整備士は、実際に車を整備しながらスキルをアップし、上級の整備士になるための訓練をしています。

なお、自動車整備士の国家試験は、秋から冬にかけても実施されます。